【2022】白色ゲーミングキーボード10選!白以外にもオシャレなゲーミングキーボードも紹介

【2022】白色ゲーミングキーボード10選!白以外にもオシャレなゲーミングキーボードも紹介 キーボード

白色のオシャレなゲーミングキーボードってないの?

白色のゲーミングキーボードが欲しい!

オススメの白色ゲーミングキーボードを教えて!

 

白色のキレイなゲーミングキーボードで、ゲーム&作業をしたいですよね。

きっと、お気に入りのゲーミングキーボードなら、ゲーム&作業が捗るはず…

実際、お気に入りのゲーミングキーボードを使うと、テンションが上がってゲームも作業もより楽しくなります♪

無駄にキーボードを買ってしまっている僕は、テンションを上げるためにキーボードを購入することも…

ということで!

今回は、白色がオシャレなゲーミングキーボードを紹介するとともに、その他オシャレなゲーミングキーボードも紹介しちゃいます!

 

ゲーミングキーボードの選び方も解説しているので、ゲーミングキーボードを購入予定の方は、ぜひ参考にしてみてください♪

白色がオシャレなゲーミングキーボード10選!

白色がオシャレなゲーミングキーボードを10個紹介していきます。

白色だけではなく、ゲームをプレイする上での性能も高いゲーミングキーボードを選びました!

Razer BlackWidow Lite JP Mercury White(白)

Razer BlackWidow Lite JP Mercury White(白)
ブランド Razer
キー配列 日本語配列
キーボードの種類 メカニカルキーボード
スイッチ Razerオレンジメカニカルスイッチ
その他 サイレントキー

ゲーミングデバイスで有名な、Razerから発売されているゲーミングキーボードです。

コンパクトなキーボードなので、ゲームで使いやすい仕様になっています。

 

Razer Synapse 3(キーボードの設定ができるツール)に対応しているので、マクロの割り当てやショートカットの設定などが可能です。

また、Razer BlackWidow Liteはタイピング音が小さい設計ですが、さらに音を抑えたい人は、付属しているOリングを装着することでよりタイピング音が小さくなります。

 

価格は約1万円とコスパが高い!

性能も高く、コスパも高い白色ゲーミングキーボードです。

特徴
  • コンパクト設計でゲームをプレイしやすい
  • マクロの割り当て、ショートカットの設定が可能
  • タイピングの静音性が高い
  • コスパが高い

Razer Huntsman Mini JP 小型 ゲーミングキーボード Clicky Optical Switch(白)

Razer Huntsman Mini JP 小型 ゲーミングキーボード Clicky Optical Switch
ブランド Razer
キー配列 日本語配列
キーボードの種類 メカニカルキーボード
スイッチ Optical Switch
その他 PBTキーキャップ(印字が消えない)

Razer Huntsmanは他のゲーミングキーボードより、さらにコンパクトになったゲーミングキーボードです。

なので、デスクスペースを気にしないで使えて、持ち運びにも便利になっています。

Razer Huntsmanには、高性能なオンボードメモリが搭載されているので、外出先でも普段使っているキーボードの設定をすぐに呼び出すことができます。

 

Razer Huntsmanのキーには、Razer クリッキーオプティカルスイッチが採用されています。

RAZER OPTO-MECHANICAL SWITCHは、Razerオリジナルのスイッチで、キーを押したときの反応が良く、滑らかな入力が可能となっています。

また、キーにはPBTキーキャップが採用されているので、印字が摩損したり、劣化で光沢がなくなったりすることはありません。

特徴
  • オンボードメモリでキーボードの設定を保存できる
  • Razerオリジナルスイッチで高速でスムーズな入力が可能
  • 小型なので狭いところでの使用、持ち運びに便利
  • PBTキーキャップで印字が消えたり、劣化で光沢がなくなったりしない

ASUS ゲーミングキーボード ROG Strix Scope NX TKL Moonlight White(白)

ASUS ゲーミングキーボード ROG Strix Scope NX TKL Moonlight White
ブランド ASUS
キー配列 日本語配列
キーボードの種類 メカニカルキーボード
スイッチ ROG NX RED
その他 その場でマクロが記録可能

真っ白と言うよりは、冬っぽい雰囲気のデザインがオシャレなゲーミングキーボードです。

色分けをしていることで、タイピングしやすくなっています。

ASUSオリジナルスイッチであるROG NX REDは、作動点が1.8mmなので素早い入力が可能です。

また、キーを押す力が他のキーボードよりも必要なので、タイプミスも少なくなります。

 

オンボードメモリも搭載されているので、持ち運びにも便利です。

Windowsロックキーついていたり、その場でマクロが記録できたりとゲームをプレイする人に嬉しい機能が搭載されています。

価格は約16,000円ですが、スペックが高いのでデザインが気に入ったら買いです!

※作動点とはキーを指で押して、入力されるまでの距離です。

特徴
  • オンボードメモリでキーボードの設定を保存できる
  • ASUSオリジナルのスイッチで高速タイピングができタイプミスも減る
  • その場でマクロが記録できる
  • 色分けしたデザインでタイピングがわかりやすい

METIS メカニカルキーボード ゲーミングキーボード(白)

METIS メカニカルキーボード ゲーミングキーボード(白)
ブランド METIS
キー配列 英語配列
キーボードの種類 メカニカルキーボード
スイッチ 青軸
その他 無線・有線対応

真っ白なキーボードにバックライトがオシャレなゲーミングキーボードです。

テンキーなどは無く、コンパクトなゲーミングキーボードになります。

キーの配列が英語配列なので、キーの大きさが小さいのでよりコンパクトになります。

 

スイッチは青軸になります。

青軸はタイピング音が大きいので、静かなところで使用するのはオススメしません。

というか、静かな職場で使ったらキレられる可能性が非常に高いです。

 

METISのゲーミングキーボードで、もうひとつ特徴的なのが、無線・有線の両方に対応していることです。

スマホ、タブレット、PCなど様々なデバイスでゲーミングキーボードが使えるので便利です。

また、無線・有線の両方に対応していて、価格が約5,000円とコスパが高すぎます。

特徴
  • 英語配列でよりコンパクトなゲーミングキーボード
  • 青軸で気持ちよくタイピングできるが…うるさい
  • 無線・有線の両方に対応
  • 価格が約5,000円とコスパが高い

「英語配列のキーボードって使えるの?」と言う方は『【キーボード】日本語配列(JIS)・英語配列(US)の違いをわかりやすく解説!』を参考にしてみてください。

 

青軸?軸ってなに?と言う方は、『メカニカルキーボードの軸の種類を徹底解説!自分に合った軸を選ぶために知っておくこと』を参考にしてみてください。

e元素メカニカル式ゲーミングキーボード 青軸(白)

e元素メカニカル式ゲーミングキーボード 青軸(白)
ブランド e元素
キー配列 英語配列
キーボードの種類 メカニカルキーボード
スイッチ 青軸
その他 104キー(テンキーがあるフルキーボード)

真っ白なゲーミングキーボードに、カラーバリエーションが多いバックライトで、自分好みのゲーミングキーボードにできます。

ックライトは、キーのひとつひとつを好きなカラーに設定することができます。

 

e元素のゲーミングキーボードで特徴的なのは、防水設計になっているところです。

ゲーミングキーボードの裏面に4つの水抜き穴が設置されていて、水でほこりを洗い流すことができます。

ただ、キーボードを水に入れてジャブジャブするのはNGです(笑)

 

スイッチは、青軸なのでタイピング音が大きいですが、家で使う分には問題ありません。

テンキーがついているフルキーボードで、価格は約6000円となっています。安い!

特徴
  • テンキーがついているフルキーボード(持ち運びには辛い)
  • 防水設計で水でほこりを洗い流せる
  • 青軸でタイピングが気持ちいいが音が大きい
  • バックライトのカラーを細かく設定することができる

Logicool G ロジクール G ゲーミングキーボード テンキーレス ワイヤレス G913 TKL(白)

ブランド Logicool
キー配列 日本語配列
キーボードの種類 メカニカルキーボード
スイッチ GLスイッチ タクタイル
その他 有線より速いLIGHTSPEED

テンキーレスの薄型ゲーミングキーボードです。

こんなに薄いメカニカルキーボードは、他にないと思います。

 

特徴的なのは、「LIGHTSPEED ワイヤレステクノロジー」が搭載されています。

何かと言うと、有線接続よりも早い無線接続を実現しています。

「無線は遅延がなぁ…」と思っていた方もこのゲーミングキーボードなら問題なく使えます。

充電がなくなったら、USBで充電しながら使用することができます。

 

スイッチはLogicoolオリジナルの「メカニカルGLスイッチ」が搭載されています。

作動点が1.5mmとなっているので、高速タイピングが可能です。

 

他にはないデザイン、スペックも高いのですが、値段は約26,000円と高めです。

特徴
  • 有線接続よりも早い無線接続
  • 他社にはない薄いメカニカルキーボード
  • Logicoolオリジナルのスイッチで高速タイピングが可能
  • スペックが高い分値段は高い

Havit 白い 89キー ゲーミングキーボード 赤軸(白)

Havit 白い 89キー ゲーミングキーボード 赤軸(白)
ブランド Havit
キー配列 英語配列
キーボードの種類 メカニカルキーボード
スイッチ 赤軸
その他 PBTキーキャップ

白いキーキャップと、カラフルなキーキャップがオシャレなゲーミングキーボードです。

テンキーもついていますが、英語配列なこともありコンパクトなゲーミングキーボードになっています。

 

スイッチは赤軸が採用されています。

赤軸はタイピング音が比較的小さく、タイピングした感じは、カチャカチャではなく、スコスコです。

音の静かさ、タイピングの感触で赤軸を選ぶ人は多いです。

 

また、このゲーミングキーボードは、PBTキーキャップが採用されているので、耐摩耗性に優れています。

長期間使用しても、キーキャップの文字が消えたりすることがありません。

特徴
  • PBTキーキャップで長期間しようしても文字が消えない
  • 白いキーキャップとカラフルなキーキャップがオシャレ
  • テンキーがついていてコンパクトなゲーミングキーボード
  • 赤軸でタイピング音が比較的小さい

WENRUI ゲーミングキーボード ワイヤレス 赤軸(白)

WENRUI ゲーミングキーボード ワイヤレス 赤軸(白)
ブランド WENRUI
キー配列 日本語配列
キーボードの種類 メカニカルキーボード
スイッチ 赤軸
その他 無線・有線対応(充電式)

日本語配列のコンパクトなゲーミングキーボードです。

さらに、無線に対応しているので、デスクの上がスッキリ!

ゲーミングキーボード自体も軽いので、持ち運ぶことが多い人も使いやすいです。

 

特徴的なのが、1600万色のRGBLEDバックライト!

鮮やかにゲーミングキーボードが光ります。

また、充電式のゲーミングキーボードなので、電池がなくなって困ることがありません。

ただ、価格が高いゲーミングキーボードのように、オンボードメモリの機能はありません。

特徴
  • 1600万色のRGBLEDバックライト
  • 日本語配列でコンパクト&軽量なゲーミングキーボード
  • オンボードメモリの機能はない
  • 赤軸でタイピング音が比較的小さい

CORSAIR K65 RGB MINI 60%メカニカルゲーミングキーボード(白)

CORSAIR K65 RGB MINI 60%メカニカルゲーミングキーボード(白)
ブランド CORSAIR
キー配列 日本語配列
キーボードの種類 メカニカルキーボード
スイッチ 銀軸
その他 オンボードメモリ搭載

CORSAIRのゲーミングキーボードは、テンキーがついているフルサイズキーボードの60%の面積です。

コンパクトですが、8MBのオンボードメモリに50個のプロファイルを保存することができます。

 

最も特徴的なのが、「CHERRY MX SPEED シルバーキースイッチ」を採用しているところです。

「CHERRY MX SPEED シルバーキースイッチ」は、キーを押してから入力されるまでの距離が1.2mmと非常に短くなっています。

距離が短いので、高速でタイピングすることが可能です!

しかし、キーを押したらすぐに入力されてしまうので、タイプミスが増える可能性もが高くなります。

ポジティブに考えると、タイピングが上達します(笑)

特徴
  • 8MBのオンボードメモリに50個のプロファイルを保存できる
  • フルサイズキーボードの60%の面積
  • CHERRY MX SPEED シルバーキースイッチで高速タイピングが可能
  • タイプミスが増える可能性がある

MSI Vigor GK30 COMBO WHITE JP ゲーミングキーボード マウスセット KB576

MSI Vigor GK30 COMBO WHITE JP ゲーミングキーボード マウスセット KB576
ブランド MSI
キー配列 日本語配列
キーボードの種類 メカニカルキーボード風
スイッチ Plungerキースイッチ
その他 ゲーミングマウスとセット

白いゲーミングキーボードとマウスがセットで購入することができます。

バックライトの設定ができたり、メカニカルタッチのPlungerキースイッチが採用されていてゲーミングキーボード気分が味わえます。

ガチのゲーミングキーボードではありませんが、普段使いがメインでゲームはたまにプレイするぐらいの人にピッタリだと思います。

個人的にカッコイイと思ったのが、キーキャップのデザインです。

バックライトといい感じに調和しています。

特徴
  • ゲーミングキーボードとマウスのセットでお得
  • 初めてゲーミングキーボードとゲーミングマウスを買う人にオススメ
  • キーキャップとバックライトがキレイ
  • 性能はイマイチなので、ガチのゲーミングキーボードが欲しい人はオススメしない

白色じゃなくてもオシャレなゲーミングキーボード

白色じゃなくてもオシャレなゲーミングキーボード

白じゃない、オシャレなゲーミングキーボードを3つ紹介します。

いろいろなゲーミングキーボードがあるので、参考にしてみてください♪

Vissles キーボード ワイヤレス/有線 5台同時ペアリング メカニカルキーボード 赤軸

Vissles キーボード ワイヤレス/有線 5台同時ペアリング メカニカルキーボード 赤軸
ブランド Vissles
キー配列 英語配列
キーボードの種類 メカニカルキーボード
スイッチ 赤軸
その他 リストレスト付

渋いカラーがオシャレなゲーミングキーボードです。

ウッド調の書斎などにピッタリ合いそう。

見た目もオシャレなのですが、機能も申し分ありません。

 

静かなタイピング可能な赤軸、LEDライトで暗い場所でも文字が見やすい。

また、マクロ機能も搭載しているので、作業効率、ゲーム向けのショートカットなども作成可能。

さらに嬉しいのが柔らかいリストレスト付です。

手首を置いて作業できるので、長時間の作業でも疲労が軽減されます。

特徴
  • 渋いカラーがオシャレなゲーミングキーボード
  • マクロ機能搭載で効率的に作業&ゲームができる
  • ワイヤレス、有線どちらに対応
  • 付属のリストレストで疲労軽減

 

リストレスト(パームレスト)については、『パームレストとは?長時間パソコンで作業をする人には必須のアイテム』でも紹介しています♪

HUO JI 小型ゲーミングメカニカルキーボード63キー 青軸

HUO JI 小型ゲーミングメカニカルキーボード63キー 青軸
ブランド HUO JI
キー配列 英語配列
キーボードの種類 メカニカルキーボード
スイッチ 青軸
その他 有線・無線両対応

バックライトとキーの色合いがオシャレなゲーミングキーボードです。

黒いキーを白いキーが囲んでいるので、キーが見やすくなっています。

コンパクトなゲーミングキーボードなのですが、黒と白のキーキャップでよりコンパクトに見えます。

 

Type-C有線とBluetoothで接続が可能なので、スマホやタブレットでも活躍します。

ノートパソコンで、このゲーミングキーボードを使えば作業効率もUPします。

特徴
  • 黒と白のキーキャップがオシャレ
  • コンパクト設計で場所を選ばない(青軸なのでタイピング音は大きい)
  • ワイヤレス、有線どちらに対応
  • ノートPC、スマホ、タブレットで作業効率UP!

Epomaker SK64 メカニカルゲーミングキーボード

Epomaker SK64 メカニカルゲーミングキーボード
ブランド GK
キー配列 英語配列
キーボードの種類 メカニカルキーボード
スイッチ 赤軸
その他 有線・無線両対応

スペースキーのパンダがカワイイゲーミングキーボードです。

黒・緑・白のバランスがオシャレです♪

N-Keyロールオーバー(複数キーを押しても反応する)が採用されているので、ゲーミングキーボードとして問題なく使用することができます。

 

あまり見ないデザインのゲーミングキーボードなので、他の人と違ったデザインのゲーミングキーボードを使いたい人にオススメです。

持ち運びして使う、サブ機として使うのもいいかも!

特徴
  • スペースにいるパンダがカワイイ!
  • 他にないデザインのゲーミングキーボード
  • 白、緑、黒のキーキャップとLEDライトがオシャレ
  • 持ち運び専用のサブ機として使うのもオススメ

ゲーミングキーボードの選び方

ゲーミングキーボードの選び方

ゲーミングキーボードの選び方は、3つのポイントを確認しておきましょう!

 

  1. 使用する環境に合った軸を選ぶ
  2. キーの配列を選ぶ
  3. テンキーの有無を選ぶ

 

ゲーミングキーボードで採用されていることが多い、メカニカルキーボードを前提に解説していきます。

使用する環境に合った軸を選ぶ

軸によってタイピングする音の大きさが違います。

オフィスや公共施設でゲーミングキーボードを使う場合は、タイピング音が静かなゲーミングキーボードを選ぶ必要があります。

タイピング音を気にしないでいいのなら、タイピングしやすい軸を選んで問題ありません。

音の大きさ キーの軽さ クリック感※1 用途
赤軸 ★★(小さい) ★★★(軽い) × オフィス
茶軸 ★★(小さい) ★★(軽い) オフィス・ゲーム
青軸 ★★★(大きい) ★★(重い) ゲーム

※1 キーを押して底に達したときに指に伝わる感触

メカニカルキーボードの軸については『メカニカルキーボードの軸の種類を徹底解説!自分に合った軸を選ぶために知っておくこと』で詳しく解説しています。

キーの配列を選ぶ

キーの配列を選びましょう。

キーの配列は、日本語配列、英語配列のどちらかになります。

日本語配列、英語配列の違いは、キーの形状が違ったり、キーの位置が違ったりします。

ただ、慣れてしまえばどちらも問題なく使えます。

英語配列のほうがキーの形状がシンプルでコンパクトになるので、使っている人が多いです。

英語配列と日本語配列の違いは『【キーボード】日本語配列(JIS)・英語配列(US)の違いをわかりやすく解説!』で詳しく解説しています。

英語配列のキーボードは『【コスパ最強~高級品】英語配列のオシャレなキーボード8選!英語配列の特徴も解説』で解説しています。

テンキーの有無を選ぶ

ゲーミングキーボードに、テンキーが必要かどうか買う前に決めておきましょう。

ゲーム以外にでも使うキーボードなら、テンキーがあったほうがいいです。

ゲーム専用キーボードなら、テンキーがあるとスペースが取られて邪魔です。

テンキーがあると、マウスのスペースも取られてしまいます。

僕は仕事で使うことが多いので、テンキーがついているゲーミングキーボードを使っています。

ただ、外付けのテンキーもあるので、テンキーの使用頻度が高くない場合は、別に買っても問題ありません!

まとめ

白いデザインがオシャレなゲーミングキーボードを紹介しました。

自分好みのゲーミングキーボードを使えば、ゲーム&作業がより楽しくなるので、ぜひいっぱい悩んでみてください(笑)

個人的にオススメなのは『Razer BlackWidow Lite JP Mercury White(白)』になります。

コンパクトでタイピング音も小さく、マクロ機能もあるので欲しい機能はすべて揃ってます。

さらに価格が約1万円とコスパが高いです。

何を買っていいか迷ったら、参考にしてみてください。

キーボード関連記事