【おすすめ】テンキーレスのメカニカルキーボードで快適に作業ができる!

【おすすめ】テンキーレスのメカニカルキーボードで快適に作業ができる! キーボード

オススメのテンキーレスメカニカルキーボードを教えて欲しい!

テンキーレスメカニカルキーボードって使いやすい?

デスクスペースを広く使えるメカニカルキーボードが欲しい!

 

どんなテンキーレスメカニカルキーボードを買えば良いのか、悩んでいる方は多いのではないでしょうか!?

自分の環境にピッタリと合ったテンキーレスメカニカルキーボードを選びたいですよね。

テンキーレスのメカニカルキーボードは、仕事やゲームでも使いやすいためとても人気です。

ただ、購入前にどんなメカニカルキーボードなのか理解しておかないと、無駄に高いメカニカルキーボードを買ってしまう可能性もあります。

例えば、仕事でキーボードを使う人は、ゲームに必要な機能などはいりません。

 

そこで、今回はオススメのテンキーレスメカニカルキーボードを紹介します。

テンキーレスメカニカルキーボードの特徴、メリット・デメリットなども、合わせて解説しているので参考にしてみてください。

この記事を読んでいただければ、あなたの環境に合ったテンキーレスメカニカルキーボードを選ぶことができます。

テンキーレスメカニカルキーボードとは?

テンキーレスメカニカルキーボードとは?

テンキーレスメカニカルキーボードとは、フルキーボードからテンキーがなくなったキーボードです。

テンキーがなくなった分、メカニカルキーボードがコンパクトになっています。

普段、テンキーをあまり使わない人は、テンキーレスのメカニカルキーボードにしたほうが、デスクスペースも広く取れるのでオススメ!

テンキーがついているキーボードをフルキーボードと呼ぶよ!

オススメのテンキーレスメカニカルキーボード

オススメのテンキーレスメカニカルキーボード

オススメのテンキーレスメカニカルキーボードを紹介します。

それぞれ特徴があるので、あなたが使用する環境に合ったテンキーレスメカニカルキーボードを選んでみてください。

FILCO Majestouch2 91テンキーレス茶軸日本語配列 FKBN91M/JB2

FILCO Majestouch2 91テンキーレス 黒軸 日本語配列
メーカー / ブランド FILCO
軸(スイッチ) 茶軸・赤軸・青軸・黒軸
接続方法 有線(USB&PS2両対応)
機能 PS2接続は全キーロールオーバー
USB接続は6キーロールオーバー

FILCOから発売されているテンキーレスキーボードです。

シンプルなデザインで、高級感漂うメカニカルキーボード。

軸は、茶軸・赤軸・青軸・黒軸から選べるので、自宅や職場など、使用する環境で軸を選択することができます。

特殊な機能はついていませんが、全体的に質が高くバランスの良いテンキーレスメカニカルキーボードです。

ロジクール K835GPR メカニカルキーボード 赤軸 テンキーレス

ロジクール K835GPR カニカルキーボード 赤軸
メーカー / ブランド Logicool
軸(スイッチ) リニア(赤軸)
接続方法 有線(USB)
機能 アルミニウムボディ

Logicool(ロジークール)から発売されている定番のメカニカルキーボードです。

アルミニウムボディがクールなメカニカルキーボード。

軸はロジークール独自のリニア(赤軸と同等)が使われていて、タイピング音も比較的静かです。

価格が約6,500円と、コスパが高いメカニカルキーボードとなっています。

初めてメカニカルキーボードを買う人にもオススメです!

 

Logicool=ゲーミングキーボードのイメージが強いのですが、こちらのメカニカルキーボードはゲーム用ではなく普段使いを想定されていると思います。

というのも、ゲーム用だったら、Nキーロールオーバーやアンチゴースト機能が搭載されているのですが、このメカニカルキーボードはおそらく搭載されていません。(記載がない)

ゲーム用に購入しようと思っている方は注意してください!

Nキーロールオーバーとは、複数キーを同時にしてもすべて反応してくれる機能。6キーロールオーバーなら、6つのキーを同時押しできる。ゲームでは複数キーを同時に押すので必須機能となっています。また、アンチゴーストは、複数キー押したときに起こる誤入力を防止する機能です。Nキーロールオーバーとアンチゴーストはセットです。

ARCHISS ProgresTouch TKL テンキーレスメカニカルキーボード AS-KBPD91/CBKNWP

ARCHISS ProgresTouch TKL CHERRY茶軸 テンキーレスメカニカルキーボード AS-KBPD91/TBKNWP
メーカー / ブランド ARCHISS
軸(スイッチ) 青軸・茶軸・赤軸・ピンク軸・銀軸
接続方法 有線(USB&PS2両対応)
機能 2色成形キーキャップ
Nキーロールオーバー :対応
キーの切り替え、制限等に便利なDPIスイッチ付き

ARCHISSから発売されている、レトロな雰囲気がカッコいいテンキーレスメカニカルキーボードです。

選べる軸は青軸・茶軸・赤軸・ピンク軸・銀軸の4つです。

銀軸が搭載されているメカニカルキーボードは、種類が少ないので銀軸を使ってみたい人は、このメカニカルキーボードを検討してみましょう!

ARCHISSのキーボードで特徴的なのが、DPIスイッチです。

DPIスイッチ

メカニカルキーボードの裏面にあるスイッチで、キーを入れ替えたり、無効化したりすることができます。

ゲームをプレイする人は、邪魔なWindowsキーを無効にできます。

自分好みの、使いやすい配列にすることができます。

Razer ゲーミングキーボード テンキーレス BlackWidow V3 – Yellow Switch

Razer ゲーミングキーボード テンキーレス BlackWidow V3 - Yellow Switch
メーカー / ブランド Razer
軸(スイッチ) イエロースイッチ・グリーンスイッチ
接続方法 有線(USB)
機能 マクロ設定
Razer Chroma RGB対応
高耐久アルミ製トッププレート

ゲーミングデバイスで有名なメーカー、Razerから発売されているテンキーレスメカニカルキーボードです。

軸は、Razerオリジナルの軸でイエロースイッチ、グリーンスイッチのどちらかを選ぶことができます。

イエローはタイピング音が静かでスコスコとした打鍵感、グリーンスイッチはカチャカチャとしたタイピング音でキーを押したときにカチッとした打鍵感があります。

イエロースイッチは赤軸に近く、グリーンスイッチは青軸に近いスイッチになっています。

 

機能も豊富で、マクロ機能、Razer Chroma RGB機能(バックライトのカスタマイズ)、高耐久アルミ製トッププレート採用など…。

これだけ機能がついて価格が約8,000円と、信じられない値段設定です(笑)

Razerのデザインが好みだったら、めちゃくちゃオススメのテンキーレスメカニカルキーボードです。

E-YOOSO テンキーレスメカニカルキーボード 茶軸

E-YOOSO テンキーレスメカニカルキーボード 茶軸 
メーカー / ブランド E-YOOSO
軸(スイッチ) 茶軸・赤軸・青軸
接続方法 有線(USB)
機能 LEDバックライト
全キーロールオーバー

E-YOOSO(E元素)のテンキーレスメカニカルキーボードです。

E-YOOSOは、低価格で質の高いメカニカルキーボードを多数販売しています。

このテンキーレスメカニカルキーボードは、価格が約4,600円ですが、全キーロールオーバー機能、LEDバックライト機能が備わっています。

また、軸も茶軸・赤軸・青軸の3つから選べます。

 

E-YOOSOの低価格の理由は、

 

  1. 高級な軸(スイッチ)ではなく安価なスイッチを使用
  2. バックライトのカラーを一色にする

 

など、作りをシンプルにすることで価格を抑えています。

E-YOOSOはカラーバリエーションも豊富で、さらに軸も選ぶこともできるので、初めてメカニカルキーボードを買う人も気軽に試せると思います。

テンキーレスメカニカルキーボードの選び方

テンキーレスメカニカルキーボードの選び方

テンキーレスメカニカルキーボードの選び方は、通常のメカニカルキーボードと選び方は特に変わりません。

 

  1. 配列を選ぶ
  2. 軸を選ぶ
  3. 必要な機能を選ぶ

 

3つのポイントを見て選びましょう!

配列を選ぶ

日本語配列にするか、英語配列にするか選びます。

特にこだわりがなければ、日本語配列で問題ありません。

英語配列は、日本語配列と比べてスペース(Space)キーやエンター(Enter)キーが小さいです。

そのため、日本語配列のキーボードよりもコンパクトになっています。

また、キーの位置も日本語配列と違うので、慣れるまで少し大変です。

軸を選ぶ

メカニカルキーボードは、軸でタイピングの感触が違ってくるので、軸選びはとても重要!

メジャーな軸は、「青軸」・「茶軸」・「赤軸」です。

 

青軸:メカニカルボード特有のカチャカチャと気持ちいい打鍵感だけど音が大きい(職場じゃ無理)

茶軸:カチッとした打鍵感が少しあって、タイピング音も青軸よりも控えめ(バランスがいい)

赤軸:引っ掛かりのないスムーズなタイピングが可能。タイピング音も静か。(メカニカル特有のカチャカチャはなし!)

 

職場で使うなら茶軸か赤軸、メカニカル特有のカチャカチャが味わいたいなら青軸となります。

いろんな軸があるから楽しい〜♪

必要な機能を選ぶ

キーボードには様々な機能があります。

特にゲームをプレイする人は、機能にこだわったほうがいいでしょう!

 

  • Nキーロールオーバー:複数キー同時に押してもすべて反応する(ゲーム必須)
  • アンチゴースト:誤入力防止機能(ゲーム必須)
  • マクロ機能:マクロを作ってキーに割り当てられる(ゲーム&仕事で便利)
  • メディアコントロールキー:再生停止・スキップ・音量調整のキー(地味だけど便利)
  • バックライト:バックライトとバックライトの設定を変更する機能(好み!僕は別にいらない)
  • キー設定:キー配列、キーの無効化などができる機能(ゲーム&仕事で便利)

 

こんな感じでキーボードには、様々な機能があります。

どんな機能が欲しいのかキーボードを買う前にイメージしておきましょう!

不要な機能を削れば安くキーボードが買えるよ!

テンキーレスメカニカルキーボードのメリット

テンキーレスメカニカルキーボードのメリット

テンキーレスメカニカルキーボードのメリットは、主に3つあります。

 

  1. デスクを広く使える
  2. マウス操作がしやすくなる
  3. 持ち運びができる

 

テンキーレスメカニカルキーボードは、いろいろな状況で使えるので、とても便利です!

デスクを広く使える

テンキーレスメカニカルキーボードは、サイズが小さいので、デスクスペースを圧迫しません。

狭いデスクで作業をしている人は、テンキーレスメカニカルキーボードが必須!

僕は狭いデスクでフルキーボードを使っていましたが、「ノートを広げられない!」「本も置けない!」と、毎日ストレスを溜めていました。

なぜか、当時はキーボードを変えるって発想がなかったです(笑)

マウス操作がしやすくなる

意外に知られていないのが、テンキーレスメカニカルキーボードに変えると、マウスの操作がしやすくなります。

というのも、キーボードが小さくなることで、マウスの位置が自分と近くなります。

体の近くでマウス操作をすることができるので、腕も楽になって操作がしやすくなるのです!

フルキーボードから、テンキーレスメカニカルキーボードに変えた方は、マウスの操作がしやすくてびっくりするかも!?

持ち運びもできる

テンキーレスメカニカルキーボードは、持ち運びも可能です。

なので、出先でもお気に入りのキーボードを使いたい人は、テンキーレスメカニカルキーボードか、より小さいコンパクトなキーボードがオススメです。

ただ、テンキーレスメカニカルキーボードも安定してタイピングできるように、重い物が多いです。

持ち運びを前提にテンキーレスメカニカルキーボードを買う場合は、買う前に重さを必ず確認しておきましょう!

テンキーレスメカニカルキーボードのデメリット

テンキーレスメカニカルキーボードのデメリット

テンキーレスメカニカルキーボーボのデメリットは3つです。

 

  1. テンキーがついていない
  2. 安定感が不安
  3. 機能が少ない

 

正直たいしたデメリットではありません!

テンキーがついていない

当たり前ですが、テンキーレスメカニカルキーボードにはテンキーがついていません!

普段テンキーを多用している人は、かなり違和感があると思います。

実際に、僕は仕事でエクセルを使うことが多いので、テンキーがないキーボードは作業効率が悪くなってしまいました。

なので、職場ではフルキーボードを使っていて、自宅ではテンキーレスメカニカルキーボードを使っています。

安定感が不安

フルキーボードと違って、テンキーレスメカニカルキーボードは軽いので安定感が不安です。

安定感がないとタイピングがしづらくなってしまいます。

有名メーカーのテンキーレスメカニカルキーボードは、重量があるので安定感がちゃんとあります。

ただし、かなり軽いテンキーレスメカニカルキーボードもあるので、購入前に重さを確認しておきましょう。

機能が少ない

テンキーレスメカニカルキーボードは、フルキーボードに比べてシンプルになっています。

例えば、フルキーボードでは、メディアコントロールのボタンやつまみがついていることが多いですが、テンキーレスメカニカルキーボードではあまりないです。

フルキーボードと比べて、コンパクトになっているのでしかたない…。

ただ、機能はそこまで大きく違うわけではないので、気にならない人は気にならないです(笑)

テンキーレスのメカニカルキーボードは最高!

テンキーレスのメカニカルキーボードは最高!

テンキーレスメカニカルキーボードは、個人的にフルキーボードよりも使いやすく重宝しているキーボードです。

以前は、キーボードにテンキーは必須かと思っていましたが、テンキーレスのメカニカルキーボードを使ってみたら思っていたよりテンキーを使いませんでした。

僕はテンキー機能よりもデスクのスペースが広くなること、マウスの操作がしやすくなることのほうがメリットが大きかったです。

テンキーは外付けで対応可能

外付けテンキーの特徴

テンキーが必要なときは、外付けのテンキーで対応することができます。

外付けのテンキーなら、普段は閉まっておいて、使いたいときだけ引っ張り出してくればいいので楽です。

テンキーをあまり使わないとは言っても、仕事でテンキーを使ったほうが効率が良いときは多いです。

特にエクセルなどの表計算ソフトを使うときは、テンキー必須…。

そんなときは、外付けのテンキーで作業を進めましょう!

さらにコンパクトなメカニカルキーボード

さらにコンパクトなメカニカルキーボード

テンキーレスメカニカルキーボードよりも、さらにコンパクトなメカニカルキーボードも多数あります。

テンキーレスより小さくなると、カーソルキーがなくなったり、特殊なキー配列になったりします。

最初は使いづらくてイライラしますが、慣れてくると効率的にタイピングができます。

ただし、癖が強いので購入前に機能などを、しっかり確認しておいたほうがいいです。

関連記事

コンパクトなキーボードについては下記記事を参考にしてみてください!

»オススメのコンパクトなメカニカルキーボード5選!デスクスペースを取らずに持ち運びも便利

モニターアームでデスクスペースが広がる!

モニターアームでデスクスペースが広がる!

モニターアームを使うことで、デスクスペースをさらに広くすることができます。

モニタースタンドをデスクに置く必要がないので、デスクの奥まで活用することができます。

僕の作業部屋は3畳とめちゃくちゃ狭いので、このようなアイテムを駆使してスペースを確保しています(笑)

モニターアームはめちゃくちゃ便利なので、ぜひ使ってみてください♪

まとめ

おすすめのテンキーレスメカニカルキーボードやその特徴、メリット・デメリットなど、幅広く紹介してきました!

テンキーレスメカニカルキーボードは、デスクスペースを活用でき、マウスの操作もしやすくなるのでオススメです。

どうしてもテンキーが必要になったら、外付けのテンキーを使えばOK!

テンキーレスメカニカルキーボードは、仕事やゲームなど幅広く使えるキーボードなので、ぜひ使ってみてください♪

この記事が、これからテンキーレスメカニカルキーボードを買う人の参考になれば幸いです。

キーボード関連記事