パソコン用キーボードの捨て方をわかりやすく解説!捨てる以外にお得な方法もあります

キーボード

キーボードを捨てたいけど、どうやって捨てればいいの?

高いキーボードだったから、捨てるのもったいないな…

簡単にキーボードを処分する方法を知りたい!

 

いらなくなったキーボードを、どうやって捨てればいいか、悩んでいませんか?

キーボードってけっこう場所を取るので、早いとこ処分しちゃいたいですよね。

ただ、キーボードによっては、メーカーに引き取ってもらったり、売ったりする方法もあります。

 

この記事では、キーボードを捨てる方法、メーカーに引き取ってもらう方法、売る方法をわかりやすく解説しています。

この記事を読んでいただければ、あなたに合った方法で、キーボードを処分することができるので、ぜひ参考にしてみてください。

キーボードの捨て方

キーボードの捨て方は主に下記の4つになります。

 

  1. ゴミとしてキーボードを捨てる方法
  2. メーカーにキーボードを引き取ってもらう方法
  3. オークション・フリマアプリでキーボードを売る方法
  4. 買取業者にキーボードを売る方法

 

それぞれメリット・デメリットがあるので、詳しく紹介していきます。

ゴミとしてキーボードを捨てる方法

ゴミとしてキーボードを捨てる方法は、最も簡単にキーボードを処分できる方法です。

ただ、各自治体で捨て方が違ってくるので、自分の住んでいる地域は、どのようにキーボードを捨てればいいのか確認しておく必要があります。

また、自治体によっては、キーボードを捨てるのに料金がかかる可能性があります。

 

例えば、千葉県千葉市では、キーボードは「燃えないゴミ」で無料で出すことができます。

一方、東京都足立区ではキーボードは粗大ごみ扱いになり、有料となっています。

 

パソコン廃棄.comさんが各自治体でキーボードの捨て方をまとめているので、参考にしてみてください。

ゴミとしてキーボードを捨てる方法のメリット

ゴミとしてキーボードを捨てるメリットは、自治体によりますが、最も簡単にキーボードを捨てることができることです。

不燃ごみとして出せて、無料の自治体なら、ゴミとして出すだけで処分することができます。

ゴミとしてキーボードを捨てる方法のデメリット

ゴミとしてキーボードを捨てるデメリットは、自治体によっては、捨てるのがめんどくさい可能性があります。

各自治体で、キーボードが粗大ごみ扱いになったり、小型廃家電類になったりするので注意してください。

また、キーボードを捨てるのに費用がかかる自治体も多いので、必ずキーボードを捨てる前に確認をするようにしましょう!

メーカーにキーボードを引き取ってもらう方法

キーボードをメーカーに引き取ってもらう方法

キーボードをメーカーに引き取ってもらう方法があります。

ただ、キーボードをメーカーに引き取ってもらうには条件があります。

 

メーカーに引き取ってもらえる条件
  • パソコンと一緒に処分すれば引き取ってもらえる
  • パソコンと一緒に購入したときについてきた純正のキーボード

 

この2点をクリアする必要があるので、キーボード単体を捨てたい場合は、メーカに引き取ってもらうことができません。

また、引き取ってもらう場合も、処分できる商品なのか確認が必要だったり、PCリサイクルマークが貼っていない古いパソコンは有料になったりします。

メーカーにキーボードを引き取ってもらうメリット

パソコン一式処分を考えている場合は、すべて同時に処分できるのがメリットです。

各メーカーのホームページに引き取り方法など、詳しく紹介されているので、処分したいパソコンのメーカーを確認してみましょう!

FUJITSU

DELL

メーカーにキーボードを引き取ってもらうデメリット

デメリットは、申し込み、梱包、発送などがをする必要があるので、とりあえずめんどくさいです(笑)

めんどくさいですし、下手したら有料になる可能性もあります。

キーボード単体では、引き取りしてもらえないので、そもそもキーボード単体を捨てたい方は、選択肢から消えます。

オークション・フリマアプリでキーボード売る方法

オークションやフリマアプリでキーボードを売る方法

オークションやフリマアプリでキーボードを売ることができます。

定価の高い有名メーカーのキーボードなら、けっこう高く売れることもあります。

例えば、僕はRazerというメーカーの「BlackWidow Elite」というキーボードを使っています。

もし、オークション・フリマアプリでRazerのBlackWidow Eliteを売ると、どれぐらで売れるか調べてみました。

 

Razer BlackWidow Eliteの相場

ヤフオクだと、約10,000円で落札されています。

メルカリだと、約11,000円で売買されています。

 

定価が24,800円(税込)なので、定価の4割ぐらいで売ることができます!

オークション・フリマアプリでキーボード売るメリット

オークション・フリマアプリでキーボードを売るメリットは、キーボードによっては、お店で売るよりも高く売れる可能性があります。

人気メーカーのゲーミングキーボードなどは、欲しい人が多いので比較的売りやすい商品です。

相場より安く出品すれば、意外と簡単に売ることができます。

オークション・フリマアプリでキーボード売るデメリット

オークション・フリマアプリでキーボードを売るのは、良さそうに思えますが、実はデメリットも多いです。

 

デメリット
  • 手数料・送料が掛かる
  • お客さんとのやり取りが大変
  • 価格設定・価格変更が必要
  • 写真撮影などに時間がかかる
  • クレーム対応が大変
  • 梱包・発送の手間がかかる
  • そもそも売れるかどうかわからない

 

オークションやフリマアプリは、手間がけっこうかかります。

また、高く売れているようで、実は手数料・送料を引くとお店に売るのと変わらないことも多々あります。

というか、手間がかかっているので、その時間を考えると、お店に売るよりも損していることが多いです。

 

このように、デメリットがけっこう多いのですが、オークション・フリマアプリで物を売るのは楽しいです!

利益を出すよりも、商売している感覚を体験したい!って方は、ぜひやってみてください♪

買取業者にキーボードを売る方法

買取業者にキーボードを売ることができます。

最近ではeスポーツの影響などで、ゲーミングデバイスが人気になってきています。

そのため、ゲーミングキーボード、ゲーミングマウス、ゲーミングヘッドセットなどを高く買取してくれる業者も増えてきました。

また、宅配で買取している業者が多く、家にいながら売ることができるので、簡単にキーボードを売ることができます。

買取業者にキーボードを売るメリット

買取業者にキーボードを売る最大のメリットは、家にいながら使わなくなったキーボードを売ることができることです。

宅配買取というサービスを使うのですが、基本的な流れは大体どこも一緒です。

 

宅配買取の流れ

Webから申し込み→ダンボールにキーボードを入れて発送→指定の口座に振込

 

申し込みをして、ダンボールにキーボードを詰めて送ったら、あとは査定の連絡を待つだけです。

査定の連絡がきて、問題なければ指定の口座にお金を振り込んでくれます。

送料・手数料はかからないことが多いので、査定通りの金額が振り込まれます。

業者・店舗によっては、送料無料・手数料無料の条件があるので、事前に確認しておきましょう。例えば、査定金額が3000円未満は振込手数料が400円が掛かるなど条件があります。完全無料のところもあります。

買取業者にキーボードを売るデメリット

買取業者によっては、キーボードを買取強化していないところもあるので、めちゃくちゃ安く査定される可能性があります。

そのような業者に、キーボードを査定してもらうと、下手したら10円、最悪の場合引き取りになることもあります。

もう使わないボロボロのキーボードならいいのですが、人気メーカーのキーボードなどはもったいないです。

なので、売る前にキーボードの買取をしているかどうか確認しておきましょう。

最近では、LINEやメールで事前に査定をしてくれるところも増えているので、利用してみるのもいいと思います。

キーボードを送る前にいくらで売れるのか、ある程度の目安を教えてくれます。

オススメは買取業者にキーボードを売る方法【条件あり】

キーボードは買取業者に売るのがオススメ

キーボードを処分する場合、最もオススメの方法は、買取業者にキーボードを売る方法です。

捨てるのはお金がかかる可能性がありますし、メーカー引き取りはキーボード単体ではできません。

また、オークション・フリマアプリは手間がかかるので、買取業者に売った場合と比べて、そんなに大きく価格に差が出ることもありません。

その点、買取業者ならお金もかからないですし、キーボードをダンボールに詰めて送るだけでいいので楽です。

 

ただ、キーボードを買取業者に売ったほうがいい人、売らずに捨てちゃったほうがいい人もいるので、自分がどちらか参考にしてみてください。

買取業者にキーボードを売ったほうがいい人

  • 有名メーカーのキーボード持っている人(ロジクール、Razerなど…)
  • キーボード以外も合わせて売るものがある人(ゲームやDVD、本など…)

 

このような人は、買取業者にキーボードを売れば得する可能性が高いです。

また、キーボード以外にもゲームソフト、漫画など他に売りたいものがある人は、部屋が一気に片付きますし、たくさん売ることで査定金額が高くなる可能性もあります。

キーボードを捨てたほうがいい人

  • 動かないジャンクのキーボードを処分したい人
  • アマゾンなどで新品価格が1500円以下で売られているようなキーボードを処分したい人

 

このような人は、捨てちゃったほうが手っ取り早いと思います。

買取業者に売るにしても、査定金額がつかないですし、下手したらお返しになる可能性もあります。

時間を掛けるのがもったいないですよね(汗)

ただ、先ほども述べたように、他に売りたいものがある場合は、キーボードをその中に紛れ込ませちゃってもOKです!

キーボードを買取してくれるオススメの業者

キーボードを買取してくれる2社を紹介します。

キーボード以外も様々な商品を売ることができる業者なので、片付けのときなどに利用してみてください。

トイズキング

トイズキングさんは、おもちゃはもちろんPCパーツの買取などもしています。

LINEで事前査定をしているので、キーボードを売る前にある程度の査定価格を知ることも安心です。

出張買取・宅配買取・店頭買取と売る方法を選べるのも嬉しいです。

【日本全国どこでも対応】おもちゃ買取トイズキング(初回買取完了)

BUY王(バイキング)

BUY王(バイキング)さんは、送料・手数料などすべて無料なので、安心して利用することができます。

買取している商品カテゴリーも多いので、キーボード以外も一緒に売ることができます。

また、様々な買取企画を行っているので、タイミングによっては高く売ることができます。

送料0円の高価買取 BUY王(バイキング)

 

扱っている商材が変更になる可能性もあるので、キーボードの買取をまだしているか確認をしておきましょう。

まとめ

この記事では、キーボードの捨て方を紹介しました。

キーボードを捨てる方法は主に4つになります。

 

  1. ゴミとしてキーボードを捨てる方法
  2. メーカーにキーボードを引き取ってもらう方法
  3. オークション・フリマアプリでキーボードを売る方法
  4. 買取業者にキーボードを売る方法

 

掛かる費用や手間などを考えると、買取業者にキーボードを売る方法がお得になる可能性が高いです。

ただ、壊れているキーボード、そもそも定価が高くないキーボードなどは、捨てたほうが手っ取り早いと思います。

この記事が、キーボードの捨て方に困っている人の参考になれば幸いです!

ガジェットランキング!

  • キーボード
  • マウス
  • ゲーミングチェア
  • ヘッドセット
  • モニター
  1. ゲーミングキーボード
  2. ゲーミングキーボード
  3. ゲーミングキーボード
  4. ゲーミングキーボード
  5. ゲーミングキーボード
  6. ゲーミングキーボード
  7. ゲーミングキーボード
  8. ゲーミングキーボード
  9. ゲーミングキーボード
  10. ゲーミングキーボード
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングキーボード
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングキーボード
  15. ゲーミングキーボード
  16. ゲーミングキーボード
  17. ゲーミングキーボード
  18. ゲーミングキーボード
  19. ゲーミングキーボード
  20. ゲーミングキーボード
  1. ゲーミングマウス
  2. ゲーミングマウス
  3. ゲーミングマウス
  4. ゲーミングマウス
  5. ゲーミングマウス
  6. ゲーミングマウス
  7. ゲーミングマウス
  8. ゲーミングキーボード
  9. ゲーミングマウス
  10. ゲーミングマウス
  11. ゲーミングマウス
  12. ゲーミングキーボード
  13. ゲーミングマウス
  14. ゲーミングマウス
  15. ゲーミングマウス
  16. ゲーミングマウス
  17. ゲーミングマウス
  18. ゲーミングマウス
  19. ゲーミングマウス
  20. ゲーミングマウス
  1. PCゲーミングチェア
  2. PCゲーミングチェア
  3. PCゲーミングチェア
  4. PCゲーミングチェア
  5. PCゲーミングチェア
  6. PCゲーミングチェア
  7. PCゲーミングチェア
  8. PCゲーミングチェア
  9. PCゲーミングチェア
  10. PCゲーミングチェア
  11. PCゲーミングチェア
  12. PCゲーミングチェア
  13. PCゲーミングチェア
  14. PCゲーミングチェア
  15. PCゲーミングチェア
  16. PCゲーミングチェア
  17. PCゲーミングチェア
  18. PCゲーミングチェア
  19. PCゲーミングチェア
  20. PCゲーミングチェア
  1. ヘッドセット
  2. ヘッドセット
  3. ヘッドセット
  4. ゲーミングヘッドセット
  5. ヘッドセット
  6. ヘッドセット
  7. ゲーミングヘッドセット
  8. ゲーミングヘッドセット
  9. ヘッドセット
  10. ゲーミングヘッドセット
  11. ヘッドセット
  12. ヘッドセット
  13. ゲーミングヘッドセット
  14. ヘッドセット
  15. ゲーミングヘッドセット
  16. ゲーミングヘッドセット
  17. 周辺機器・アクセサリ
  18. ヘッドセット
  19. ヘッドセット
  20. ゲーミングヘッドセット
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ