ブラインドタッチとは?使わないほうがいい言葉って知ってましたか?

キーボード

ブラインドタッチとタッチ・タイピングって同じ意味なの?

言い方が人によって違うから、どれが正解わからない…

ブラインドタッチって使っちゃだめって聞いたけどホント?

 

「ブラインド・タッチ」「タッチ・タイピング」「タッチ・メソッド」など、人によって呼び方が違うので、混乱しますよね。

また、ブラインド・タッチは差別的な表現に当たるということで、使わないほうが無難です。

 

そこで、今回はブラインド・タッチについて解説していきたいと思います!

モヤモヤしている人は、この記事でスッキリさせちゃってください!

ブラインドタッチとは?

ブラインド・タッチとは、キーボード(手元)を見ずに正しく文章を入力する方法です。

「blind」 と「 touch」 とによる和製英語になります。

ただ、最近ではブラインド・タッチとは言わないです。

なぜかというと、ブラインド(blind)は盲目と言う言葉から、差別表現に当たるたという考えがあるからです。

タッチ・タイピングとは?

タイピングを速くする方法

タッチ・タイピングとは、ブラインド・タッチと同じ意味で、キーボードを見ずにタイピングすることです。

英語ではキーボードを見ずにタイピングすることを「touch typing」と言います。

それをカタカナにして、「タッチ・タイピング」と日本でも使われています。

他にもタッチ・メソッドと言うこともありますが、あまり聞かないので、今はタッチ・タイピングが一般的な言い方になります。

参考:IT用語辞典バイナリ

タッチ・タイピングが上手になるコツ

タイピングでホームポジションがずれてしまう原因

キーボードを見ずにタイピングする「タッチ・タイピング」をマスターしたいと思っている方は多いですよね!

タッチ・タイピングが上手になるコツは、基本を覚えてひたすらゲームで練習することです。

間違った方法で、練習をしていると上達が遅いので気をつけてください。

 

タイピングの練習方法は『超初心者からタイピンが上手になるコツ!基本を覚えないと上達しない』で詳しく解説しているので参考にしてみてください♪

まとめ

ブラインド・タッチとは、手元を見ずにキー入力をする方法です。

ただ、ブラインド・タッチと言う言葉は、差別的な表現に当たる可能性があるので使わないほうが無難です。

今だとタッチ・タイピング一般的な使い方です。

 

呼び方が複数あるので、混乱している人も多かったはずですが、スッキリしましたでしょうか?

僕が学生のときは、ブラインド・タッチというのが普通だったので、30代以上の方はブラインド・タッチと言う人が多いかもしれませんね。

差別的な表現になるなんて考えもしなかったので、知れてよかったです。

知らずに使っていると思うと恐いですよね(泣)

 

キーボード関連記事