メカニカルキーボードってうるさい?実際にタイピング音を聞いて比較してみよう!

メカニカルキーボードってうるさい?実際にタイピング音を聞いて比較してみよう! キーボード

メカニカルキーボードってうるさい?

静かなメカニカルキーボードもあるの?

メカニカルキーボードを使いたいけど、タイピング音が大きくないか心配…

 

メカニカルキーボードのタイピング音が気になって、使うの悩んでいる方は多いのでないでしょうか!?

確かにメカニカルキーボードは、構造上タイピング音が大きいです。

ただ、タイピング音が静かなメカニカルキーボードもあります。

というのは、メカニカルキーボードは軸によって、タイピング音が大きく変わります。

 

そこで、今回はうるさいメカニカルキーボードと、うるさくないメカニカルキーボードについて解説していきたいと思います!

メカニカルキーボードがうるさいと思って、使うのを迷っている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

メカニカルキーボードはうるさい?

メカニカルキーボードはうるさい?

メカニカルキーボードがうるさいと思われる理由は2つです。

 

  1. 構造上タイピング音が大きいのでうるさい
  2. タイピング音の大きい軸がうるさい

 

メカニカルキーボードがうるさい原因は、構造と軸にあります!

構造上タイピング音が大きい

青軸
出典:MX CHERRY

メカニカルキーボードは、内部に金属のパーツを多く使っていて、スプリング(バネ)を押すのでどうしてもタイピング音が大きくなります。

軸によってタイピング音が大きくなる

赤軸
出典:MX CHERRY

青軸
出典:MX CHERRY

キーを押したときに、ひっかかるような構造になっている青軸などは、タイピング音が大きくなります。

タイピング音がうるさくない軸は、ひっかかりがなくストレートにキーを押せる軸です。

タイピング音を比較してみよう!

タイピング音を比較してみよう!

軸でどれぐらいタイピング音が違うのか実際に聞いてみましょう!

 

  1. 青軸(最もうるさい軸)
  2. 赤軸(タイピング音が小さい)
  3. 茶軸(青軸と赤軸の中間)
  4. 静音赤軸(静かなタイピング音)

 

今回は、この4つの軸を紹介していきます。

どれも手に入りやすいメジャーな軸です。

キーボードのフレームや作りによってもタイピング音は変化します。

青軸(最もうるさい軸)

青軸はタイピング音がもっとも大きい軸です。

動画を見てもらえばわかるように、「カチャカチャ」と鳴っているのがわかると思います。

タイピング音は大きいですが、打鍵感(タイピングした感触)は気持ちいいいぃぃぃ!

THE メカニカルキーボードって感じで、タイピングしていて楽しいです。

赤軸(タイピング音が小さい)

赤軸はキーを押したときに引っ掛かりがないので、タイピング音が比較的静かでうるさくないです。

ただ、動画を見て貰えばわかるように、メカニカルキーボードの構造上ある程度タイピング音はします。

赤軸って思ってたよりもタイピング音が大きい!

と感じた人は多いと思います。

タイピング音の大きさは会社で使えるレベル。

茶軸(青軸と赤軸の中間)

青軸と赤軸の中間に位置するのが茶軸です。

青軸のように引っ掛かりが少しあって、タイピング音が小さくなっています。

軽いタイピングが気持ちよくて、職場で使っている人も多かったです。

ただ、めちゃくちゃ静かな職場だとタイピング音がうるさいと思います。

購入する場合は、使用する環境をイメージしてから購入しましょう。

静音赤軸(静かなタイピング音)

静音赤軸(ピンク軸)は、赤軸よりもさらにタイピング音が小さくなった軸。

スコスコとした打鍵感が特徴的で、好きな人が多い軸です。

静かな環境でも使いやすいので、職場でも気兼ねなく使えます。

癖がない打鍵感なので、僕は逆にタイピングがしにくく感じるときも!

うるさいメカニカルキーボードのメリット

うるさいメカニカルキーボードのメリット

うるさいメカニカルキーボードには、デメリットだけではなく、メリットも!

タイピング音が大きい青軸は、打鍵感・タイピング音でリズミカルにタイピングできます。

キーを押す力も必要なため、タイプミスも減ります。

そのため、青軸はゲームをプレイする人に人気な軸です。

うるさいメカニカルキーボードのデメリット

うるさいメカニカルキーボードのデメリット

うるさいメカニカルキーボードのデメリットは、うるさい以外にもあります。

うるさい軸代表の青軸は、キーを押す力が他の軸よりも重いため長時間タイピングしていると疲れます。

たとえば、赤軸はキーを押すのに必要な力が45gで、茶軸が55gのところ青軸は69gです。

重いキーはタイプミスが減るというメリットもあります。

青軸の悪口ばっかになってしまいましたが、僕は青軸好きです!

うるさくないメカニカルキーボードはこれ!

赤軸メカニカルキーボードのメリット・デメリット

タイピング音がうるさくないメカニカルキーボードの順番はこちら!

 

  1. 静音赤軸(ピンク軸)メカニカルキーボード
  2. 赤軸メカニカルキーボード
  3. 茶軸メカニカルキーボード

 

赤軸と茶軸うるさくはないですが、ある程度音はするので注意してください。

メカニカルキーボードを静音化する方法

メカニカルキーボードを静音化する方法

メカニカルキーボードをカスタマイズして、静音化する方法があります。

赤軸を買ったけど、もうちょっとタイピング音を小さくしたい!

こんなときは、キーキャップに静音リングをつけることでタイピング音を小さくできます。

キーキャップにリングをつけるだけなので、手軽にカスタマイズできちゃいます!

タイピングがうるさい人の特徴

タイピングがうるさい人の特徴

メカニカルキーボードがうるさいのではなく、そもそもタイピング音がうるさい人もいます。

 

  1. タイプする力が強い!
  2. イライラして作業をする!
  3. 周りに気を使えない!

 

こんな人は、周りにうるさいと思われている可能性が高いです!

自分に当てはまらないか確認しておきましょう。

まとめ

メカニカルキーボードは、構造上どうしても音が大きくなります。

ただ、軸によってはタイピング音が小さいメカニカルキーボードもあります。

タイピング音の静かなメカニカルキーボードが欲しい人は、静音赤軸(ピンク軸)のメカニカルキーボードがオススメです!

静音赤軸(ピンク軸)のメカニカルキーボードは、静かな職場でも使えるメカニカルキーボードです♪

キーボード関連記事