英語配列キーボードでアットマーク(@)の打ち方がすぐ解決しちゃう!

英語配列キーボードでアットマーク(@)の打ち方がすぐ解決しちゃう! キーボード

英語配列のキーボードで、アットマーク(@)の打ち方が分からず悩んでいる方は多いですよね!

僕も最初分からなくて、記号の打ち方をよく調べていました…。

 

日本語配列と記号の打ち方が違うので、慣れるまで戸惑う人がほとんどです。

ただ、英語配列のキーボードも、打ち方を覚えてしまえば、日本語配列と同じように使うことができます!

 

そこで、今回は英語配列キーボードで、アットマーク(@)の打ち方を解説するとともに、その他よく使う記号の打ち方も紹介します。

英語配列キーボードを使いこなしたい方は、ぜひ参考にしてください♪

【英語配列キーボード】アットマーク(@)の打ち方

【英語配列キーボード】アットマーク(@)の打ち方

Windowsの英語配列キーボード

Windowsの英語配列キーボード

「Shift」+「2」

Windowsの英語配列キーボードで、アットマークを入力する方法は、「Shift」+「2」の同時押しです。

Macの英語配列キーボード

Macの英語配列キーボード

「Shift」+「2」

Macの英語配列キーボードで、アットマークを入力する方法は、「Shift」+「2」の同時押しです。

Macの場合は、「Shift」が「↑」になっていることもあります。

英語配列キーボードでアットマーク(@)が入力できないとき

英語配列キーボードでアットマーク(@)が入力できないとき

「アットマークが出ない!」ときは、パソコンの設定ができていない可能性があります。

アットーマークが打てないときは、まず設定を確認してみましょう!

Windowsでアットマークが出ないとき

「Shift」+「2」の同時押しして、[ または {  が表示される場合は、パソコンが側の設定ができていない可能性が高いです。

どういうことかと言うと、英語配列キーボードを使っているのに、パソコン側は日本語配列キーボードを使っていると思っています。

なので、英語配列キーボードを使っていることをパソコン側で設定をする必要があります。

キーボードの設定方法

①Windowsスタートメニューから「設定」を選択する

①Windowsスタートメニューから「設定」を選択します

 

②時刻と言語を選択します

②時刻と言語を選択します

 

③「言語」を選択します

③「言語」を選択します
※バージョンによっては「地域と言語」

 

④言語のページで「日本語」を選択します

④言語のページで「日本語」を選択します

 

⑤「オプション」を選択します

⑤「オプション」を選択します

 

⑥「レイアウトを変更する」を選択します

⑥「レイアウトを変更する」を選択します

 

⑦英語キーボード(101/102キー)を選択し再起動します

⑦英語キーボード(101/102キー)を選択し再起動します

Macでアットマークが出ないとき

「Shift」+「2」の同時押しして、アットマークが表示されないときは、マック側で英語配列のキーボードと認識されていない可能性が高いです。

英語配列のキーボードとして再設定してみましょう!

キーボードの設定方法

システム環境設定を開きます

①システム環境設定を開きます

 

②「キーボード」を選択します

 

キーボードの種類を変更を選択します

③キーボードの種類を変更を選択します

アシスタントに従う

④指示に従って操作します

最後のキーボードの種類を選択する画面が出てくるので、使っているキーボードと同じ配列を選びましょう!

参考:株式会社アーキサイト

【英語配列キーボード】その他よく使う記号の打ち方

上記画像が、日本語配列と違うキーになります。

記号の場所が違うので、最初はとても使いにくいです…。

 

よく使う記号を一覧にしてみたので、参考にしてください。

記号 入力方法
*(アスタリスク) 「SHIFT」+「 8 」
_(アンダーバー)  「SHIFT」+「 – 」
=(イコール) 「 = 」
¥(円マーク) \
:(コロン) 「SHIFT」+「 ; 」
|(縦棒) 「SHIFT」+「 | 」
“(ダブルクォーテーション) 「SHIFT」+「 ’ 」
~(チルダ) 「SHIFT」+「 ‘ 」

 

日本語配列と記号の位置は違いますが、どのような記号が入力できるのかは、キーに印字されているので、確認しながらタイプすれば大丈夫です。

そのような感じでタイピングしていたら、そのうち覚えています!

英語配列キーボードと日本語配列キーボードの違い

日本語配列キーボードと英語配列キーボードの違いは主に3つあります。

 

  1. 英語配列には日本語変換のキーがない
  2. キーの数とキーの位置が違う
  3. キーのサイズや形状が違う

 

英語配列のキーボードは、印字も少なくコンパクトなので、スッキリとしたキーボードです。

シンプルでカッコいいってだけで、使っている人もいます(笑)

英語配列キーボードと日本語配列キーボードの違いについては『【キーボード】日本語配列(JIS)・英語配列(US)の違いをわかりやすく解説!』で詳しく解説しているので参考にしてみてください!

まとめ

英語配列キーボードでアットマーク(@)を入力する方法は、WindowsとMacともに

 

「SHIFT」+「2」

 

を押すことで入力することができます。

英語配列キーボードは慣れるまで使いにくいですが、オシャレなのが多く、キーキャップのカスタマイズもしやすいので、選ぶのも使うのも楽しいキーボードです♪

キーボード関連記事