キーボードのPS/2接続とUSB接続の違いってなに?どっちがいいの?

キーボードのPS/2接続とUSB接続の違いってなに? キーボード

PS/2接続とUSB接続の違いってなに?

PS/2接続とUSB接続はどっちが接続速度早いの?

PS/2接続とUSB接続の特徴を知りたい!

 

キーボードを接続するときに、PS/2接続とUSB接続どちらで接続したほうが良いのか悩んでいませんか?

キーボードをPS/2で接続したときと、USBで接続したときの違いってよくわかりませんよね。

 

キーボードを接続する方法は、PS/2接続とUSB接続の主に2つの方法になります。

以前はPS/2でキーボードを接続することがほとんどでしたが、現在はUSBでキーボードを接続するほうが主流となってきています。

というのもUSB接続は、キーボードをUSB端子に接続するだけで、すぐに使用できるので利便性が高いです。

PS/2接続は、パソコンの電源を入れる前にPS/2端子にキーボードを接続しておかないと、キーボードが認識されず使用することができません。

 

そこで、今回はキーボードのPS/2接続とUSB接続の違いについてわかりやすく解説していきます。

どちらの接続方式がいいのか、キーボードを購入する際に参考にしてみてください。

USB接続のキーボードがオススメ

USB接続のキーボードがオススメ

結論から言うとオススメなのはUSB接続のキーボードです。

USB接続のキーボードは簡単に接続できて、誰でも気軽に使用することができます。

また、今までPS/2接続の利点だった、複数のキーを同時に押しても正確に入力される点も、USB接続のキーボードで問題なくできるようになっています。

ただ、PS/2接続のメリットがないわけではなりません!

それでは、PS/2接続とUSB接続の違いを詳しく解説していきます!

PS/2接続キーボードとUSB接続キーボードの違い

PS/2接続キーボードとUSB接続キーボードの違い

PS/2接続キーボードとUSB接続キーボードの違いは主に4つあります。

 

  1. 接続方法の違い
  2. 接続したキーボードが認識されるタイミングの違い
  3. 反応するキー数の違い
  4. 普及率の違い

 

それぞれ詳しく解説していきます。

接続方法の違い

USB接続はUSBポートにキーボードを接続します。

PS/2接続はPS/2コネクタに接続します。

USB接続はUSBポートをひとつ使用しますが、PS/2接続ならUSBポートを使用せずに済みます。

接続したキーボードが認識されるタイミングの違い

PS/2接続はパソコン起動中に接続をしてもキーボードを認識してくれません。

なので、PS/2接続キーボードはパソコンの電源を入れる前にキーボードを接続しておく必要があります。

USB接続キーボードは、どのタイミングでキーボードを接続しても使用することができます。

反応するキー数の違い

PS/2接続のキーボードは、すべてキーを同時に押したときに、押されたキーがすべて入力されます。

USB接続のキーボードは、同時入力は最大で3つまで、6つまでと決まっていることがあります。

ゲームをプレイする人は、複数のキーを同時に押す必要があるので、いくつまでキーを同時押しできるのかが重要になります。

ただ、最近ではUSB接続のキーボードでもすべてのキーを同時入力ができるようになってきています。

USB接続のキーボードを購入するときは、いくつのキーを同時入力できるか確認をしておきましょう。

普及率の違い

最近ではUSB接続が主流になってきていて、PS/2接続ができないパソコンが増えてきています。

USB接続のキーボードは様々な種類の中から好みのキーボードを選ぶことができます。

PS/2接続キーボードの特徴

PS/2接続キーボードの特徴

PS/2接続の特徴は主に5つあります。

 

  1. USBポートをひとつ使わないで済む
  2. 複数のキーを同時に押しても正確に入力される
  3. PS/2接続できるパソコンが減ってきた
  4. 古いPC・マザーボードだとBIOS設定画面でPS/2接続じゃないと認識されない
  5. CPUの負担が少なく応答性が高い

 

それぞれの特徴を解説していきます!

PS/2接続とは?

PS/2接続はマウスやキーボードをパソコンに接続するため普及していた、レガシーインターフェースの1つです。

USBポートをひとつ使わないで済む

PS/2接続はUSBポートを使用しないので、USBポートに多くのデバイスを接続したい人には助かります。

複数のキーを同時に押しても正確に入力される

すべてのキーを同時に押してもすべて入力される(USB接続は最大6キーが多い)

PS/2接続できるパソコンが減ってきた

最近はPS/2接続できるパソコンが減ってきました。

USB接続のキーボードならいつでも簡単に接続できますし、普通に使用する分には何も問題がありません。

古いPC・マザーボードのBIOS設定画面の操作

古いPC・マザーボードはPS/2接続のキーボードじゃないとBIOS設定画面の操作ができません。

PS/2接続のキーボードは使用する人は、古いPC・マザーボードのBIOS設定画面を操作することがある人が多いです。

仕事で古いPC・マザーボードを扱う人はPS/2接続のキーボードを持っています。

CPUの負担が少なく応答性が高い

引用元:Are USB keyboards less responsive due to narrow IRQ range? – Super User

PS/2接続はUSB接続と違ってシンプルな接続方法なので応答性が高くなります。

ただ、普通に使用していて、実感することはほとんどないと思います。

USB接続キーボードの特徴

USB接続キーボードの特徴

USB接続キーボードの特徴は主に5つあります。

 

  1. 気軽に接続できる
  2. USBポートを使用する
  3. 複数キー同時押しに制限がある
  4. 古いPD・マザーボードではBIOS設定ができない
  5. 様々な種類のキーボードがある

 

今のキーボードは、ほとんどがUSB接続となっています。

それでは、USB接続のそれぞれの特徴を解説していきます!

気軽に接続できる

USB接続のキーボードは、いつ接続しても認識をしてくれます。

なので、用途によってキーボードを替えるのも簡単です。

USBポートを使用する

USB接続のキーボードは、USBポートをひとつ使うので、USBポートに様々なデバイスを接続してる人は邪魔になる可能性があります。

また、USBポートに様々なデバイスを接続すると電源の共有が多くなり、動作が不安定になるなどの問題が発生する可能性があります。

複数キー同時押しに制限がある

USB接続のキーボードは、複数キー同時押しに制限があります。

同時押しは3〜6キーが多いです。

ただ、最近では制限がないUSB接続のキーボードも増えてきています。

一般的には3〜6キーでも問題なく使用できますが、ゲームをプレイする人などは複数のキーを同時に押すことが多いです。

ゲームをプレイする方は、USB接続のキーボードを購入する前にいくつのキーを同時しても大丈夫なのか確認しておきましょう。

 

スペックの確認やキーボードでよく使う用語については下記を参考にしてみてください。

キーボードを選ぶときに知っておくと便利な用語集!スペックを判断できるようになろう

古いPC・マザーボードではBIOS設定ができない

USB接続のキーボードだと、古いPC・マザーボードのBIOS設定ができません。

というのも古いPC・マザーボードは、立ち上がってからじゃないとUSB接続のキーボードが認識されません。

古いPC・マザーボードのBIOS設定をするときはPS/2接続のキーボードを使いましょう。

様々な種類のキーボードがある

USB接続のキーボードは、様々な種類のキーボードがあります。

タイピングしやすいキーボード、ゲームに最適なキーボード、持ち運びしやすいキーボードなど、あなたの用途に合わせて選ぶことができます。

PS/2接続とUSB接続どちらが速い?

PS/2接続とUSB接続どちらが速い?

PS/2接続の方がUSB接続よりもシンプルな分応答速度は速いと思います。

ただし、使っていて実感できるかは微妙です。

普通にキーボードを使っている分には違いはわかりません!

PS/2接続のキーボードがオススメの人

PS/2接続のキーボードがオススメの人

PS/2接続のキーボードがオススメの人は下記になります。

 

  • 古いPC・マザーボードのBIOS設定をする人
  • FPSゲームなど複数キー同時押しが必須な人
  • USBポートをキーボードで使用したくない人

 

僕の知り合いは、USB接続のキーボードとPS/2接続のキーボードを用途によって使い分けています。

USB接続のキーボードがオススメの人

USB接続のキーボードがオススメの人

USB接続のキーボードがオススメの人は下記になります。

 

  • 様々な種類のキーボードから自分にあったキーボードを選びたい
  • 気軽にキーボードを使いたい
  • PS/2接続のキーボードを使用する理由が特にない

 

特にPS/2接続のキーボードを使う理由がない人は、様々な種類から選べるUSBキーボードで問題ありません。

 

僕は職場ではタイピング音が小さいキーボードを使っていて、自宅ではタイピング音がカチャカチャと気持ちがいいキーボードを使っています♪

職場で使っているキーボード
【レビュー】ARCHISS ProgresTouch RETRO 静音赤軸の使い心地を解説!

自宅で使っているキーボード
【レビュー】Razer BlackWidow Eliteの特徴と良いところ悪いところを紹介!

PS/2とUSB接続ができるキーボード

PS/2接続とUSB接続の両方できるキーボードもあります。

僕が使っているARCHISS ProgresTouch RETROは、PS/2変換アダプタが付属であるので、PS/2接続でもUSB接続でも使うことができます。

お手頃な価格で、PS/2変換アダプタが付属しているキーボードも多数あります!

 

最近では無線(ワイヤレス)キーボードもとても使いやすいです。

コードがないとストレスが軽減されます!

ワイヤレスキーボードが気になる方はこちらの記事も参考にしてみてください♪

»オススメの無線メカニカルキーボード!買う前にメリット・デメリットを理解しておこう

まとめ

PS/2接続のキーボードと、USB接続のキーボードの違いは下記になります。

 

  1. 接続方法の違い
  2. 接続したキーボードが認識されるタイミングの違い
  3. 反応するキー数の違い
  4. 普及率の違い

 

古いPCやマザーボードでBIOS設定をする人、FPSゲームなどで複数のキーを同時に押す必要がある人は、PS/2接続のキーボードがいいでしょう。

特別な理由がない場合はUSB接続キーボードで問題ありません。

普段はUSB接続のキーボードを使っていて、PS/2接続のキーボードをひとつもっておくのもいいと思います♪