パソコンを処分するオススメの方法6選!簡単で安全な方法を選ぼう

パソコンを処分するオススメの方法 パソコン

パソコンを処分したいけど、どうやって処分すればいいの?

パソコンのデータを消去したりするのがめんどくさい…。簡単に処分できないの?

簡単かつ安全に、パソコンを処分する方法を知りたい!

 

パソコンを処分したいけど、どうやって処分したらいいか悩んでいる方は、多いのではないでしょうか!?

パソコンは個人データがたくさん入っているので、処分をするときに、データが流出したりしないか不安になりますよね。

ただし、データを消去したり、バックアップを取ったりするのはめんどくさいので、できるだけ簡単かつ安全に、パソコンを処分したいと考えている人は多いと思います。

 

そこで今回は、パソコンをできるだけ簡単かつ安全に処分する方法を紹介したいと思います。

パソコンの処分で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください!

パソコンを処分するオススメの方法6選

パソコンを処分するオススメの方法6選

パソコンを処分するオススメの方法は6つあります。

 

  1. 無料回収サービスを使って処分する
  2. パソコンメーカーに処分してもらう
  3. 自治体の回収ボックスに入れて処分する
  4. 家電量販店・パソコン販売店に処分してもらう
  5. オークション・フリマアプリでパソコンを売る
  6. 買取業者にパソコンを売る

 

それぞれメリット・デメリットがあるので、自分に合った方法でパソコンを処分しましょう!

無料回収サービスを使って処分する

無料回収サービスを使って処分する

無料回収サービスを使えば、パソコンを簡単に処分することができます。

宅配、出張でパソコンを回収をしてくれるので、パソコンを持ち運ばずに処分できます。

無料回収サービスのメリット

  • 壊れたパソコンでも原則無料で引き取ってくれる
  • 希望すればデータの消去もしてくれる
  • 宅配、出張で手軽にパソコンを処分することができる

 

古いパソコン、動かないパソコンなどは、無料回収サービスを使えば、気軽にパソコンを処分することができます。

無料回収サービスのデメリット

  • データの消去は有料になることが多い
  • 値段がつくパソコンも無料で処分することになる
  • 条件によっては有料になることもある
  • 業者によってサービスが異なるので、業者を選ぶときに注意が必要

 

比較的新しいパソコンで、値段がつきそうなパソコンの場合は、買取業者に売ったほうお得なことが多いです。

また、業者によってサービスの質が違うので、データ消去などは対応しているかどうか問い合わせしてみましょう。

オススメのパソコン回収業者

パソコン回収業者は、リネットジャパンがオススメです。

リネットジャパンは環境省・経済産業省から認定を受けた「小型家電リサイクル法」の認定事業者なので、安心して利用することができます。

ただし、古い大きなパソコンモニターやダンボール2箱以上になると、有料になるので事前に確認をしておきましょう。

【国認定】不用PCの宅配便回収<リネットジャパン>

パソコンメーカーに処分してもらう

資源有効利用促進法」に基づき、メーカーにはパソコンの回収が義務付けられています。

なので、メーカーにパソコンを処分してもらうことができます。

PCリサイクルマーク

PCリサイクルマーク

パソコンにPCリサイクルマークがついている場合は、本体・付属品のすべてを、無償でメーカーが回収してくれます。

PCリサイクルマークがついていないパソコンの場合は、有料での回収になります。

メーカーによって、手続きの流れが違うので、メーカーのWebサイトで確認をしておきましょう!

PC3R 一般社団法人パソコン3R推進協会」で、各メーカーの処分方法を確認することができます。

パソコンメーカーに処分してもらうメリット

  • メーカーが責任を持って処分してくれるので安心
  • ハードディスクの破壊など情報漏洩を防ぐ方法をとっている
  • 全国どこからでも利用できる

 

パソコンメーカーになら、安心して処分を任せることができます。

ハードディスクも物理的に粉々にしてくれるので、情報漏洩の心配もありません。

パソコンメーカーに処分してもらうデメリット

  • 処分するまでの手順がわかりづらい
  • 他社メーカーは処分不可
  • PCリサイクルマークがない場合は、有料での処分になる

 

パソコンを処分する流れが、Webサイトを見ただけだとわかりづらいです。

なので、メーカーにパソコンを処分してもらおうと考えている方は、電話で問い合わせたほうがスムーズです。

 

問い合わせ先は、パソコンメーカー窓口一覧を参考にしてみてください。

自治体の回収ボックスに入れて処分する

家電回収ボックス

出典:松戸市

自治体によっては、回収ボックスが設置されているので、そこにパソコンを入れて処分することができます。

ただし、行っていない地域もあるので、自分が住んでいる自治体に回収ボックスがあるかどうか、確認が必要です。

環境省の「小型家電リサイクル回収ポータルサイト」で、回収ボックスが設置されているところを調べることができます。

自治体の回収ボックスに入れて処分するメリット

  • 携帯電話、プリンターなどの小型家電も一緒に処分することができる
  • 回収BOXに入れるだけなので簡単に処分することができる

 

小型家電をまとめて処分したいときなどは、回収ボックスはとても便利です。

ただし、携帯電話・パソコンなどデータが残っているものは、回収ボックスに入れる前に、データを削除しておきましょう。

自治体の回収ボックスに入れて処分するデメリット

  • 回収ボックスを行っている自治体が少ない
  • パソコンを回収していない自治体もある
  • 事前にデータの消去をしておく必要がある
  • デスクトップパソコンなどは、持ち込むのが大変

 

そもそも回収ボックスを設置していない自治体、パソコンを回収していない自治体があります。

自分の住んでいる地域は、回収ボックスがあるのか確認をしておきましょう。

小型家電リサイクル回収ポータルサイト」で、地域ごとにパソコンをどのように回収しているのか調べることができます。

家電量販店・パソコン販売店に処分してもらう

家電量販店・パソコン販売店に処分してもらう

家電量販店・パソコン販売店に、パソコンを持ち込んで処分してもらうことができます。

パソコンを引き取ってくれて、さらに家電量販店のポイントをつけてくれたりするので、よく使う家電量販店がパソコンを回収していないか調べてみましょう。

例えば、ヤマダ電機は、パソコンの無料回収を全国から行っています。

パソコンを無料処分したら、ヤマダポイントが200PT付与されます。

家電量販店・パソコン販売店に処分してもらうメリット

  • 安心してパソコンの処分ができる
  • ポイントをもらうことができる
  • データの消去を無料で行ってくれる

 

お店にもよりますが、ポイントをもらえたり、データの消去も行ってくれたりと気楽に利用できるのがメリットです。

パソコンを処分して、ポイントをもらえるのは嬉しいですね!

家電量販店・パソコン販売店に処分してもらうデメリット

  • パソコンの処分費がかかる店舗もある
  • データー消去が有料の店舗もある
  • パソコン持ち込み不可の店舗もある(配送だけの受付)

 

店舗によってサービス内容が大きく違うので注意が必要です。

例えば、ビックカメラは、処分費が1,958円、データの消去が約3,300円となっています。

いまのところパソコンを処分するなら、ヤマダ電機が「無料処分」・「無料データ消去」なのでオススメです。

オークション・フリマアプリでパソコンを売る

オークション・フリマアプリでパソコンを売る

オークションやフリマアプリで、パソコンを売ることができます。

比較的新しいパソコンなどは、定価の50%以上で売れたりするので、処分をせずに売ったほうが断然お得です。

オークション・フリマアプリでパソコンを売るメリット

  • 高く売れる可能性がある
  • 人気があるパソコンはすぐに売れる

 

オークション・フリマアプリの最大のメリットは、高く売れる可能性があるということです。

どれぐらいの価格で売れるかは、自分が出品したい商品を検索すれば、ある程度調べることができます。

オークション・フリマアプリでパソコンを売るデメリット

  • 出品・配送・やり取りなど手間がかかる
  • 売れたときの手数料・送料がけっこう高い(例えば、10万円で売れた場合、手数料が約1万円、送料が約2千円)
  • 売れない可能性がある

 

オークション・フリマアプリは、どうしても出品・配送・お客さんとのやり取りなど、手間がかかってきます。

また、出品したからと言って、必ず売れるわけでもありません。

手間をかける時間、在庫を抱えるリスクを考えて、オークション・フリマアプリでパソコンを売るかどうか決めましょう!

 

手間をかけたくないけど、出品はしてみたいという方は、「出品代行サービスの【マカセル】」というサービスがあるので、利用してみるのもひとつの手です。

買取業者にパソコンを売る

買取業者にパソコンを売る

パソコンを買取している業者に、パソコンを売ることができます。

宅配でパソコンを送って売ることができるので、家にいながら簡単にパソコンを処分することができます。

買取業者にパソコンを売るメリット

  • パソコンをダンボールに詰めて送るだけなので簡単
  • すぐに現金化することができる
  • 人気のあるパソコンは高く買取りしてくれる

 

買取業者にパソコンを売る最大のメリットは、すぐに現金化できることです。

オークション・フリマアプリだと、出品や配送、お客さんとのやり取りなど、売れるまで時間がかかりますが、買取業者ならすぐに売ることができます。

また、オークション・フリマアプリのほうが高く売れますが、売れるまでの手間や時間を考えると、買取業者に売ったほうが利益が高いことが多いです。

買取業者にパソコンを売るデメリット

  • 買取価格はそこまで高くない
  • 買取業者によっては、データの消去をしてから売る必要がある
  • 付属品の有無で買取価格が大きく変わる可能性がある

 

買取業者にパソコンを売る場合は、超人気なパソコンじゃない限り、そこまで高くなることはありません。

また、付属品を失くしてしまっていると、減額されるので付属品がちゃんと揃っているか確認してから送るようにしましょう。

ただし、買取業者の査定金額に納得がいかない場合は、商品を返してくれるので、気楽に利用できます。(買取業者によっては返送料がかかるところもあります)

オススメの買取業者

  • パソコン以外も売りたい人にオススメの買取業者
  • 壊れたパソコンを処分したい人にオススメの買取業者
  • Macを売りたい人にオススメの買取業者

 

上記3つの業者を紹介します。

それぞれの買取業者に特徴があるので、パソコンを売るときの参考にしてみてください。

 

BUY王(パソコン以外も売ることができる)

BUY王(バイキング)は、様々な商品を売ることができる買取業者です。

パソコンはもちろん、ゲーム、本、おもちゃなども売ることができるので、売りたいものがいろいろとある方はBUY王を使うのがオススメです。

ただし、パソコンを売る場合は、事前にデーターの消去をしておく必要があるので注意してください。

BUY王(バイキング)でパソコンを処分する

 

ジャンク品パソコン買取ドットコム(壊れたパソコンが売れる)

ジャンク品パソコン買取ドットコム

【ジャンク品パソコン買取ドットコム】」は、壊れたパソコンを売ることができる買取業者です。

パソコンの処分費用、修理代が高いなどで困っている方は、ぜひ利用してみましょう!

基本的にデータの消去は、送る前にする必要がありますが、データが残っていた場合は代わりに消去してくれます。

【ジャンク品パソコン買取ドットコム】でパソコンを処分する

 

Mac買取ネット(Macを専門に買取っている)

Mac買取ネット

Macを売るなら、「Mac買取ネット」がオススメです。

Macはいろいろな種類があり、さらにその中で容量が違ったりするので、普通の買取業者だと話しが噛み合わないことがあります。

Mac買取ネットさんなら、Macを専門に買取しているので、査定も確かです。

Macは人気で買取価格も高くなる傾向があるので、しっかり査定をしてくれる買取業者を選ぶのがポイントです。

Mac買取ネットでパソコンを処分する

パソコンを処分するのにオススメな方法はどれ!?

パソコンを処分するのに、オススメの方法は、

 

  1. 無料回収サービスを使って処分する
  2. 買取業者にパソコンを売る

 

この2つになります。

 

古いパソコンだったり、壊れたパソコンなどを処分したい場合は、無料回収サービスが楽に処分できます。

無料回収サービスを使ってパソコンを処分する場合は、「【国認定】不用PCの宅配便回収<リネットジャパン>」がオススメです。

 

比較的新しいパソコンだったり、Macの場合は買取業者にパソコンを売って現金化しましょう!

オススメの買取業者

パソコン以外にも売りたいものがある場合は、「BUY王(バイキング)

壊れたパソコンを安全に売りたい場合は、「【ジャンク品パソコン買取ドットコム】

Macを売りたい場合は、「Mac買取ネット

パソコンを処分するときの注意点

パソコンを処分するときの注意点

パソコンを処分するときに注意する点は2つ!

 

  1. パソコンはゴミとして捨てられない
  2. ハードディスクのデータを消去する

 

この2点は注意しておきましょう。

パソコンはゴミとして捨てられない!

パソコンは、ゴミとして捨てることができないので、注意してください。

家庭用のノートパソコン、デスクトップパソコン、パソコンモニターは、資源有効利用促進法でメーカーによる自主回収、またはリサイクルが義務付けられています。

なので、燃えないゴミなどでパソコンを捨てないように気を付けてください!

ハードディスクのデータを消去する

パソコンを初期化するだけではなく、ハードディスクのデータも完全に消去するようにしましょう!

実は、パソコンを初期化しても、ハードディスクにデータが残っています。

なので、ハードディスクのデータを完全に消去しておかないと、個人情報が流出してしまう可能性があります。

パソコンを処分する前にやっておくこと

パソコンを処分する前にやっておくこと

パソコンを処分する前に、下記2点を行っておきましょう。

 

  • バックアップを取る
  • 個人情報データを消去

 

データを完全に消去した場合、もう2度とデータを復元することはできないので、必要なデータはバックアップを取っておきましょう!

パソコンのバックアップを取る方法

パソコンのバックアップを取る方法を3つ紹介します。

どんなデータをバックアップしたいかによって、方法が変わってきます。

なので、まずはどんなデータをバックアップする必要があるのか、整理しておきましょう。

外付けHDDにバックアップを取る

バックアップしたいデータを外付けHDDにひたすら保存していきます。

今は容量が大きい外付けHDDが安く買えるので、ひとつ買っておけば問題ありません。

USBメモリ

バックアップするデータの容量がそんなになければ、USBメモリでも問題ありません。

ただし、静電気などによる破損なども起きやすいため、バックアップデータを長期間保存するのは、あまりオススメできません。

クラウドストレージにバックアップを取る

「OneDrive」、「Dropbox」、「Googleドライブ」など様々なサービスが各社から提供されています。

バックアップを取るデータがそんなに大きくない場合は、クラウドストレージでも問題ありません。

ただし、ネットに繋がっていないと、バックアップデータをダウンロードすることができないので、注意してください。

個人情報データを消去する方法

個人情報データを消去する方法を2つ紹介します。

ただし、本当に消去できているか心配な場合は、プロに任せたほうがいいです。

専用のソフトウェアを使って消去する

専用のソフトウェアを使って、データを消去することができます。

パソコン、メーカーによって方法が変わってくるので、「当協会のメーカーが推奨するデータ消去プログラムをご案内」で確認をしてみましょう。

HDDを物理的に破壊する

HDDを取り出して、物理的に破壊します。

電動ドライバーで穴を空けたりすれば、データが読み取れなくなります。

ただし、ケガをする恐れがあるので、あまりオススメしません…。

 

僕の結論は、データの消去は自分でやらずにプロに任せた方が、「安心」「安全」です。

まとめ

パソコンを処分するオススメの方法は6つあります。

 

  1. 無料回収サービスを使って処分する
  2. パソコンメーカーに処分してもらう
  3. 自治体の回収ボックスに入れて処分する
  4. 家電量販店・パソコン販売店に処分してもらう
  5. オークション・フリマアプリでパソコンを売る
  6. 買取業者にパソコンを売る

 

この中でもさらにオススメなのが、「無料回収サービスを使って処分する」、「買取業者にパソコンを売る」です。

 

古いパソコンだったり、壊れたパソコンなどを処分したい場合は、無料回収サービスを使うと簡単にパソコンを処分することができます。

無料回収サービスを使ってパソコンを処分する場合は、「【国認定】不用PCの宅配便回収<リネットジャパン>」がオススメです。

 

比較的新しいパソコンやMacの場合は、買取業者にパソコンを売って現金化しましょう!

オススメの買取業者

パソコン以外にも売りたいものがある場合は、「BUY王(バイキング)

壊れたパソコンを安全に売りたい場合は、「【ジャンク品パソコン買取ドットコム】

Macを売りたい場合は、「Mac買取ネット

 

パソコン関連記事

Amazonガジェットランキング

  • キーボード
  • マウス
  • ゲーミングチェア
  • ヘッドセット
  • モニター
  1. ゲーミングキーボード
  2. ゲーミングキーボード
  3. ゲーミングキーボード
  4. ゲーミングキーボード
  5. ゲーミングキーボード
  6. ゲーミングキーボード
  7. ゲーミングキーボード
  8. ゲーミングキーボード
  9. ゲーミングキーボード
  10. ゲーミングキーボード
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングキーボード
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングキーボード
  15. ゲーミングキーボード
  16. ゲーミングキーボード
  17. ゲーミングキーボード
  18. ゲーミングキーボード
  19. ゲーミングキーボード
  20. ゲーミングキーボード
  1. ゲーミングマウス
  2. ゲーミングマウス
  3. ゲーミングマウス
  4. ゲーミングマウス
  5. ゲーミングマウス
  6. ゲーミングマウス
  7. ゲーミングマウス
  8. ゲーミングマウス
  9. ゲーミングマウス
  10. ゲーミングマウス
  11. ゲーミングマウス
  12. ゲーミングマウス
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングマウス
  15. ゲーミングマウス
  16. ゲーミングマウス
  17. ゲーミングマウス
  18. ゲーミングマウス
  19. ゲーミングマウス
  20. ゲーミングマウス
  1. PCゲーミングチェア
  2. PCゲーミングチェア
  3. PCゲーミングチェア
  4. PCゲーミングチェア
  5. PCゲーミングチェア
  6. PCゲーミングチェア
  7. PCゲーミングチェア
  8. PCゲーミングチェア
  9. PCゲーミングチェア
  10. PCゲーミングチェア
  11. PCゲーミングチェア
  12. PCゲーミングチェア
  13. PCゲーミングチェア
  14. PCゲーミングチェア
  15. PCゲーミングチェア
  16. PCゲーミングチェア
  17. PCゲーミングチェア
  18. PCゲーミングチェア
  19. PCゲーミングチェア
  20. PCゲーミングチェア
  1. ヘッドセット
  2. ヘッドセット
  3. ヘッドセット
  4. ゲーミングヘッドセット
  5. ヘッドセット
  6. ゲーミングヘッドセット
  7. ゲーミングヘッドセット
  8. ヘッドセット
  9. ヘッドセット
  10. ヘッドセット
  11. ヘッドセット
  12. ヘッドセット
  13. ゲーミングヘッドセット
  14. ヘッドセット
  15. ヘッドセット
  16. ヘッドセット
  17. ゲーミングヘッドセット
  18. ゲーミングヘッドセット
  19. ヘッドセット
  20. アクセサリーキット
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ