【レビュー】HIDISC(20000mAh)モバイルバッテリーを買ったけど思ったより使わなかった

ガジェット

3年振りにディズニーランドへ行くことになったので、モバイルバッテリーを購入しました!

今のディズニーは列に並ぶのにもアプリでチケットを取る必要あります。

また、アトラクションの待ち時間もアプリで確認する必要があります。

とにかくスマホを頻繁に使うので、充電の減りがすごいです。

また、電波が入りにくい場所が多数あるので、さらにスマホの充電が減っていきます。

 

「スマホの充電を気にしながら過ごさないと…」

 

そんな不安を解消するために、大容量のモバイルバッテリーを購入しました!

 

実際に、大容量のモバイルバッテリーを使ってみて、感じたことを素直に紹介していきます。

これからモバイルバッテリーを買う方は、ぜひ参考にしてみてください。

結論から先に言ってしまうと、20000mAhのモバイルバッテリーは全然使いきれなかったです(笑)スマホをガッツリ使わない方は、10000mAhでも問題ないと思います!ただ、20000mAhあったほうがいい人もいるので、記事を読んでみてください(笑)

HIDISC 20000mAhモバイルバッテリーの特徴

HIDISC 20000mAhモバイルバッテリーの特徴
容量 20,000mAh
入力 Type-C PD: 5V/2.4A 9V/2A, 12V/1.5A Micro: 5V/2A 9V/2A
出力 USB1 DC5V/2.1A , USB2 DC5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A(Total Max), Type-C DC5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A(Max 18W)
使用回数 約500回

20000mAhの大容量

容量が20000mAhの大容量モバイルバッテリーです。

どれぐらい大容量かと言うと…

iPhone 13 Proのバッテリー容量が約3300mAhなので、iPhone13 Proならバッテリーが0になっても5回ぐらい満タンに充電できちゃいます!

PD対応で超高速充電が可能

USB Type-Cで使える給電規格のPD(USB Power Delivery)は、最大100Wまでの電力供給が可能となっています。

以前まで、USBケーブルでの給電能力は、最大で7.5W(5V/1.5A)まででした。(「USB Battery Charging 1.2」規格の場合)

 

わかりづらいですね!(笑)

とりあえず!USB Type-Cを使っている人は、PD対応の充電器が充電速度が以前より超速いのでオススメです!

QC3.0対応で安全に速く充電

QC3.0(Quick Charge 3.0)充電規格に対応したスマホであれば、USB充電の約4倍も速くスマホをフル充電することができます。

ただ、QC3.0はiPhoneでは使えません。(iPhoneはPDに対応しているので問題なし)

QC3.0はAndroid端末を中心に普及が進んでいて、Xperia XZ2、SAMSUNG GalaxyなどのAndoroidoスマートフォンに対応しています。

HIDISC 20000mAhモバイルバッテリーの良かったところ

HIDISC 20000mAhモバイルバッテリーを使ってみて、良かったところを紹介していきたいと思います!

大容量の安心感

やっぱり20000mAhの大容量は安心感がやばいです。

スマホの残り容量を気にすることなく過ごせます。

特にポケモンGOなど、スマホの充電を消費するゲームをプレイする人は、このぐらい容量があったほうが安心だと思います。

安いのでコスパが高い

HIDISC 20000mAhモバイルバッテリーは、価格が2000円前後とコスパが高いです。

もっと安いモバイルバッテリーもありますが、謎のメーカーが多いのでちょっと恐いです。

モバイルバッテリーが原因の火災などは、けっこう話題になりましたよね。

ほとんどのデバイスが充電可能

本体にはUSB Type-AポートとUSB Type-Cポートがそれぞれ1ポートずつ用意されています。

iPhone、Android、タブレットなど、様々なデバイスに対応しています。

Switchでも使えると思いますが、Switch純正のモバイルバッテリーがあるのでそちらを使ったほうが無難です。

HIDISC 20000mAhモバイルバッテリーの残念だったところ

HIDISC 20000mAhモバイルバッテリーを使ってみて、残念だったところを紹介していきます。

思ってたよりも重い!

ある程度重いのは覚悟していましたが、実際に1日持ち歩いてみると想像していたよりも重かったです。

重量は404gで、持ってみるとずっしりした感じです。

iPhone13が173gなので、約2倍以上の重さです!

ずっと持ち歩く人は、容量がある程度少なくても問題ないのなら、軽いモバイルバッテリーがオススメです。

20000mAhは使いきれない

ディズニーランドに8:30~21:00までいましたが、20000mAhは使いきれませんでした。

ほとんど妻がスタンバイパスなどを取ってくれたので、僕はスマホで写真を撮るぐらいでした(笑)

僕のスマホは最終的に残り残量が37%ぐらいでした。

妻はスマホの充電がなくなって、1度だけモバイルバッテリーで充電していました。

残り容量がわかりづらい

残り容量がわかりづらい

HIDISC 20000mAhモバイルバッテリーは、残量がわかりづらいです。

4つの点が光っていて、残量が減ってくるとひとうずつ光が消えていきます。

20000mAhもあるので、残量はあまり気になりませんが、他のモバイルバッテリーのように数値がわかるほうがより安心感があります。

HIDISC 20000mAhはこんな人にオススメ!

HIDISC 20000mAhは、こんな人にオススメです!

 

  • 家族で1台のモバイルバッテリーを使う人
  • アプリゲームでスマホの充電が頻繁に必要な人
  • 出先で長時間スマホの充電ができない人

 

スマホをフル活用している人以外は20000mAhを使い切るのはなかなか難しいと思います。

10000mAhのモバイルバッテリーでも問題ない人は、10000mAhのほうが軽くで持ち運びが便利です。

まとめ

HIDISC 20000mAhは、大容量なので安心ですが使いきれないことが多いです。

10000mAhなら小さく、軽いので使いやすいです。

スマホのヘビーユーザーではないのなら、10000mAhでも問題ないと思います。

逆にスマホをガンガン使う人は、20000mAh以上のモバイルバッテリーが安心です!

余談ですが、ディズニーランド、ディズニーシーではモバイルバッテリーをレンタルしてくれます♪

普段モバイルバッテリーを使わない人で、ディズニーのときだけ使いたい人はレンタルでもいいと思います!

»モバイルバッテリーレンタルサービス

ガジェット関連記事