黒軸メカニカルキーボードの特徴&オススメを紹介!黒軸でタイピング速度がUP!?

黒軸メカニカルキーボードの特徴&オススメを紹介!黒軸でタイピング速度がUP!? キーボード

黒軸のメカニカルキーボードが気になる!

黒軸のタイピングってどんな感じなの?\

オススメの黒軸メカニカルキーボードを教えて!

 

黒軸のメカニカルキーボードが気になっているけど、買う前にどんな感じなのか知りたいですよね。

黒軸のメカニカルキーボードの特徴を理解してから、購入したほうが後悔しません。

実際、黒軸のメカニカルキーボードは、長時間タイピングする人には合わない可能性があります。

 

そこで、今回は黒軸のメカニカルキーボードの特徴と、オススメの黒軸メカニカルキーボードを紹介したいと思います!

黒軸のメカニカルキーボードが気になっている方は、購入前にぜひ参考にしてみてください♪

 

僕は以前、黒軸のメカニカルキーボードを使っていたことがありますが、長時間タイピングしている

疲れるので手放してしまいました…。

ただ、タイピングはしやすいので、合うかどうか試してみる価値はあります!

黒軸メカニカルキーボードの特徴

黒軸メカニカルキーボードの特徴

一般的に黒軸とは、ドイツのCHERRY社が製造する「CHERRY MXスイッチ」のMX 黒軸のことを言います。

他にもCHERRY MXスイッチと互換性がある他社製の黒軸がありますが、この記事ではMX 黒軸を前提に解説していきます!

黒軸メカニカルキーボードの特徴はふたつ

黒軸メカニカルキーボードの特徴は、ふたつあります。

 

  1. 黒軸はキーの戻りが速い
  2. 黒軸は押し込んだ感覚がしっかりある

 

黒軸メカニカルキーボードの特徴は、キーの戻りと、押し込んだ感覚になります。

黒軸はキーの戻りが速い

黒軸メカニカルキーボードの最も大きな特徴は、高い反発力を発生させる重いバネ圧です。

黒軸は他の軸よりもキーを押したときに、キーが戻ってくる速度が速いです。

キーが戻ってくるのが速いので、タイピングも速くなります。

黒軸は押し込んだ感覚がしっかりある

黒軸は、リニア軸(ひっかかりがない軸)なので、チッとしたメカニカルキーボード特有の感触はありません。

ただ、キーを押すために必要な力が60gと他の軸よりも重いので、キーを押している感触がしっかりとあります。

また、キーを押してもすぐ入力されないため、タイプミスが減ります。

他の軸と黒軸の比較

他の軸と黒軸を比較してみましょう!

軸の種類 クリック感 押下圧 ストローク 作動点
(アクチュエーションポイント)
MX 赤軸 なし 45g 4.0mm 2.0mm
MX 青軸 あり 60g 4.0mm 2.2mm
MX 茶軸 少ない 55g 4.0mm 2.0mm
MX 黒軸 なし 60g 4.0mm 2.0mm

比較してみるとわかるのですが、「MX 黒軸」は「MX 赤軸」よりも押下圧が重くなっただけです。

MX 赤軸だと、タイピングが軽すぎるという人は、MX 黒軸を使うと気持ちいいタイピングができると思います。

 

赤軸のメカニカルキーボードについては『オススメの赤軸メカニカルキーボード!特徴や選び方をわかりやすく解説』を参考にしてみてください♪

 

クリック感:キーを押したときのカチカチとした感触
クリック感があると気持ちいいがタイピング音が大きい

押下圧:キーを押すときに必要な力
軽いほうが疲れにくいが、人によって必要な力が違うので好みで選ぶ必要がある

ストローク:キーを押してから底につくまでの距離
浅いと高速タイピングできるがタイプミスも増える

作動点:キーを押してから入力したと判断されるまでの距離
浅いほうが高速タイピングができるがタイプミスも増える

黒軸のメリット・デメリット

黒軸の特徴がわかったら、特徴を踏まえて黒軸のメリット・デメリットも把握しておきましょう!

黒軸のメリット・デメリットは、はっきりしているので購入前に把握しておけば、買ってから後悔しません。

黒軸はちょっと特殊な軸なので、使いにくい人は本当に使いにくいです…

黒軸のメリット

黒軸のメリットはふたつあります。

 

  1. タイピングスピードが速くなる
  2. タイプミスが減る

 

黒軸はキーの戻りが速いため、タイピングスピードが速くなります。

また、押す力必要なためタイプミスが減ります。

黒軸のデメリット

黒軸のデメリットはふたつです。

 

  1. 長時間のタイピングは疲れる
  2. 同時押しを失敗することが多い

 

黒軸のデメリットは、キーを押す力が必要なため、長時間タイピングしてると指が疲れます。

なので、長時間タイピングする人は、注意してください。

ただ、黒軸は慣れれば、キーを底まで押さずに、微妙に押して入力する技を覚えられます(笑)

そうすれば、そんなに力を使わずにタイピングすることができるので疲れません。(黒軸である意味は…)

 

もうひとつのデメリットが、黒軸はキーが重いので「小指」と「人差し指」などを使って、同時入力するときに、小指が外れて失敗してしまうことがあります。

キーの戻る力が強いので、気を抜くと小指、薬指が負けてしまいます…。

ただ、これも慣れれば大丈夫です(笑)

指の筋トレ!

 

メリット
  • タイピングスピードが速くなる
  • タイプミスが減る
デメリット
  • 長時間のタイピングは疲れる
  • 同時押しを失敗することが多い

黒軸メカニカルキーボードがオススメの人

黒軸メカニカルキーボードがオススメの人

黒軸のメカニカルキーボードがオススメの人は、こんな方です!

 

  • タイピングスピードを上げたい人
  • タイプミスを減らしたい人
  • 赤軸だとタイピングが物足りない人
  • タイピング音は小さくて、キーを押している感触が欲しい人

 

黒軸のメカニカルキーボードは、ミスが少なく、しっかりとタイピングできる軸です。

仕事で正確な入力が求められる人は、黒軸のメカニカルキーボードがオススメです!

オススメの黒軸メカニカルキーボード

黒軸を採用している、オススメのメカニカルキーボードを紹介します。

黒軸を採用しているメカニカルキーボードは、種類が少ないので選択肢は多くありません。

有名なメーカーから、コスパが高いメーカーまで紹介しているので、購入前の参考にしてみてください。

FILCO Majestouch2 91テンキーレス 黒軸 日本語配列

FILCO Majestouch2 91テンキーレス 黒軸 日本語配列

FILCOから発売されている黒軸メカニカルキーボードです。

FILCOは、東京都千代田区外神田にあるダイヤテック株式会社のブランドです。

品質が良いメカニカルキーボードを多数販売しています。

 

テンキーレスのコンパクトなメカニカルキーボードから、テンキーがついているフルメカニカルキーボードまであります。

もちろん黒軸が選択可能です!

品質が高い黒軸メカニカルキーボードが欲しいなら、FILCOがオススメです!

ただ、価格が少し高いので、黒軸を始めて使う方は、他の価格が安い黒軸メカニカルキーボードで試してみてもいいと思います。

E-YOOSO メカニカルキーボード 黒軸 日本語配列

E-YOOSO メカニカルキーボード 黒軸 日本語配列

E-YOOSO(e元素)から発売されている黒軸のメカニカルキーボードです。

 

E-YOOSO(e元素)は、中国にある企業が展開しているブランドです。

様々なデザインのメカニカルキーボードを発売していて、価格が安いのが特徴です。

 

価格が安い秘密は、黒軸は価格が高い「CHERRY MXスイッチ」を使用せず、Outemu社(中国)の安価なキースイッチを使っています。(安価だが質はほとんど変わらない)

また、余計な機能を省くことで価格を低く抑えています。

 

価格は安いですが、質が高いメカニカルキーボードなのでコスパが高いです。

黒軸を手軽に試せるので、初めて黒軸を使う人は、E-YOOSO(e元素)の黒軸メカニカルキーボードを購入するのがオススメです!

 

E-YOOSO(e元素)のメカニカルキーボードについては「e元素のメカニカルキーボードについて詳しく解説!なんでそんなに安いの!?」で詳しく解説しているので参考にしてみてください♪

WENRUI メカニカルキーボード 黒軸 Bluetooth 無線 USB 有線

WENRUI メカニカルキーボード 黒軸 Bluetooth 無線 USB 有線

WENRUIが発売している格安の黒軸メカニカルキーボードです。

WENRUIがどんなメーカーなのかは、情報が少なくわからないのですが、恐らく中国のメーカーだと思います。

 

WENRUIの特徴は、ワイヤレスでコンパクトなメカニカルキーボードが約5,000円で購入可能なところです!

Bluetoothで無線接続、USBで有線接続できるので、スマホやタブレットなど様々なデバイスでも使用可能です。

 

価格が安いのでサブ機として購入したい人や、黒軸のメカニカルキーボードを試したい人にオススメです。

ただ、英語配列なので日本語配列とキーの配置が違ったり、キー大きさが違ったりするので注意してください。

 

黒軸以外のレアな軸

黒軸以外のレアな軸

黒軸以外にもレアな軸がいくつかあります。(黒軸はそこまでレアじゃないですが…)

 

  • CHERRY MX CLEAR (クリア軸):茶軸よりキーが少し重い
  • CHERRY MX GRAY (TACTILE灰軸):POSレジや産業用キーボードで採用されている
  • CHERRY MX GREEN (緑軸):POSレジや産業用キーボードで採用されている

 

この3つの軸が使われているメカニカルキーボードは、ほとんど見かけません。

自作のメカニカルキーボードだったり、産業用キーボードで採用されていたり、ちょっと特殊な軸たちです。

自作キーボードに興味がある人は、どんな軸なのか特徴を知っておくと役に立つかも!

 

メカニカルキーボードの軸については『メカニカルキーボードの軸の種類を徹底解説!自分に合った軸を選ぶために知っておくこと』で詳しく解説しています♪

いろいろな軸を試したい人にオススメのアイテム!

いろいろな軸を試したい人にオススメのアイテム!

いろいろな軸を試したいけど、そんなにいっぱいメカニカルキーボードを買いたくない!

僕はメカニカルキーボードを無駄に保有していますが、ほとんどの人がそんなにいらないでしょう!

ただ、色々な軸を試してみたい人は多いと思います。

そんな人にピッタリな商品がコレ!!!!!

メカニカルキーボード 軸 テスター

Cherry MXスイッチの感触を試すことができるテスターです。

レアな緑軸などもあるので、普段触ったことがない軸も押しまくれます(笑)

 

こんなんじゃ、全然参考にならんわ!!!!

そんな方にはこちら。

 balikha CherryMX用72キーホワイトキーキャップメカニカルキーボードスイッチテスターサンプラー

CHERRY MXだけではなく、CHERRY MXの互換スイッチであるGateronとKailhの軸も試すことができるテスターです。

このテスターを使って、友達と利きスイッチもできます。

 

僕はテスターは持っていませんが、キーホルダーデザインの軸は持っています。

LANCERTECH メカニカル キーボードスイッチ テスター 発光 CHERRY MX 緑軸 (超レア) キーホルダーデザイン 携帯便利 (CHERRY MX緑軸)

一度押してみたかった、緑軸を購入しました。

押すと緑色にLEDライト点灯します。

ただ、まだ使い道がよくわからないので、デスクの上に置いているだけです。

たまに人差し指で連打して、ストレス解消しています。

いろいろな軸があるので、皆さんもお気に入りの軸を買ってみましょう!

まとめ

「黒軸」は「赤軸」よりも押下圧が少し重くなった軸です。

黒軸メカニカルキーボードの特徴は、ふたつあります。

 

  1. 黒軸はキーの戻りが速い
  2. 黒軸は押し込んだ感覚がしっかりある

 

黒軸メカニカルキーボードがオススメの人は、下記のような方です。

 

  • タイピングスピードを上げたい人
  • タイプミスを減らしたい人
  • 赤軸だとタイピングが物足りない人
  • タイピング音は小さくて、キーを押している感触が欲しい人

 

黒軸は、ミスが少なくしっかりとタイピングできる軸です。

仕事で正確な入力が求められる人は、黒軸のメカニカルキーボードがオススメ!

キーボード関連記事